May28

ゆたかさとゆとり。

ゆたかさ
はどこからくるというと
ゆとりから
きます。
 
 
物質的な豊かさというのも
基本的には
物質的なゆとり
経済的なゆとり
があるから
そこにゆたかさが引き寄せられてくるのです。
 
 
ただ90年代のバブルの崩壊以降
物質的な豊かさ=心の豊かさ
という等式は
なりたたなくなってしまいました。
 
 
それまでは
物質的な豊かさをおえば
ある程度
幸せを感じることはできたんでしょうけどね。
 
 
それほどまで
戦後の日本というのは
物質的には恵まれてなかったわけです。
  
 
しかし今は違います。
 
 
世界有数の
持てる国。
 

でも、本当の幸せを
私たちは手にしているのでしょうか。
 
   
 
高度経済成長の行き過ぎで
本来は
お金というものは
人々を豊かにする為に存在していたはずなのに
 
 
むしろお金と経済的利益が中心で回る
機械的で
非人間的な
世の中の構造になってしまい 
 
 
市場のために
あるいは経済的利益のために
身を削って
働かざるを得ない状況
本来の人間らしさや
人間の尊厳に
目をつむらなければならないような
状況にあるため
 
 
どれだけそれによって
物質的に豊かになっても
それだけではこころは満ち足りず
こころは飢えている
愛情に飢餓している
という現状が
多く蔓延しています。
 
 
この国の
自殺者がこれほどまで多いのも
こうした社会構造が
大きな
原因にあげられます。
 
 
こころの豊かさのためには
ある程度までは
確かに物質的な豊かさという
ベースは必要ですが
 
 
しかし
こころの豊かさ
(文化、人間関係、愛情)
というものは
そもそも
物質的な豊かさでは
埋め合わせられるものではなく
 
 
これは
むしろ
分かち合い
精神的なゆとり
こころのゆとり
から
生じるものであります。
 
 

こころの豊かさを引き寄せる為に
大切なことは
たまに仕事の手を休めて
休憩をとり
心の中に安らぎをみつけることと
できるだけ
愛に満ちあふれた自分に
しておくことです。
 
 
深呼吸。
深呼吸。