Feb03

明日は、立春。新しい『流れ』が始まります。

2月4日の明日は、
旧暦の暦で云うと
 
立春。
 
東洋系(気学、風水、四柱推命など)の占いでは、
新しい一年の始まりの日
とされています。
 
大体、毎年この立春を越えると
新しい年のエネルギーが
どっと入ってきます。
 
明日からは、
2009年の動向を占うような
さまざまな
象徴的な出来事が出てくるでしょう。
 
(おおむね、2月は企業は3月の決算前ですしね。)
 
さて、
今後の社会情勢を
占星術的観点から見て行くと、
 
まずは、雇用問題、ひいては
各、企業組織の大幅な組織的な変動、変革が
2009年は主要なテーマとなってきます。
 
これまでの終身雇用制
年功序列型の企業組織形態は
いよいよ轟音を立てて
崩れ去ろうとしています。
 
そもそも、日本の経済が
戦後これほどまで発展してきたのは
こうした終身雇用制
年功序列型の企業組織形態が
あったお陰です。
 
そして、いま時代は
変わろうとしています。
  
こうした時代の中で
大切なこと、
それは
私たちの
新しいニーズに答える
ほんとうの
豊かな社会像を
まずは私たちひとりひとりが「描く」ことが
大切なのです。
  
100年に一度の危機と呼ばれている時期だからこそ
これまでの100年の来し道を振り返り
今後の100年のビジョンを
しっかりと温めて行くことが大切です。
 
今後の100年を見つめる上で、
重要な要素になるであろうこと、
「環境」
「地球(一体化)」
「教育」
「自己実現社会」
「農業の再評価」
 
こうした現在だからこそ、
今後100年
新しい価値観に基づいて
どのように私たちの社会を
築き上げていくのか
そのビジョンが
今後強く求められる時代となってくるでしょう。
 
なかなか、お尻に火がつかないと
動けないというのが
人間の性です。
 
いよいよそうした意味で
私たちの本当のあるべき社会
を実際的に語って行く時代が
始まろうとしています。
 
以前よりお伝えしていますが、
こうした変革期に、
非常に重要なテーマ
それは、
 
「分かち合い」です。
 
互いに持つものを分かち合って行く
補いあって行くことが
究極の生き残りの手段と
なってくるでしょう。
 
それは、物質的な富だけでは有りません。
 
本質的に私たち一人一人が求めているもの、
 
それは

「心の豊かさです。」
 
心の豊かさ、とは
目に見えないものです。
 
しかし、とても大切なことは
私達にとって
本当に大切なものは

「目に見えない」
ものなのです。
 
例えば、「関係性」。
 
どれだけ、物質的に
富んでいようとも
 
私たちは
しばしば
「関係性」に飢えています。
 
互いに認めあい
互いに愛し合う
そうした目に見えないけれども
お互いに
支えあっている
その関係性に
私たちは
しばしば
無意識に飢餓感を覚えているのです。
 
ほんらい、
高度経済成長期の
企業組織というものは
こうした
目に見えない豊かさも
ひとりひとりに分かち合っていたのでしょう。
 
高度な競争社会の中で
目に見える結果
目に見える物質的な豊かさ(これが本当に豊かなものなのかどうかは?です。)
だけが
重要視されて
 
私たちの感性から
消え去ってしまったもの、
 
それが、
こうした『関係性』という
わたしたち人間が求める
本来的な豊かさ
なのかもしれません。
 
今後非常に重要になってくるテーマ、
 
それは
「語り合うことでお互いを知る」
という「コミュニケーション」
 
コミュニケーションを通して
他者を知る
これがなくては
まずは
分かち合うことは不可能でしょう。
 
まずはなによりも
他者を知る、
ということからはじまります。
 
そして、今年
それは1:1のコミュニケーションのみならず
 
 
多人数で
語り合う「場」をシェアする
そうすることで
より広い他者の価値観を
知って行くことになる
という
方向性に流れて行くのではないだろうかと
推測しています。
 
(この辺のことは、また後日お話しするとして、、)
 

こうした混乱期に重要なこと、
大切なことは、
「ともに生きて行く」
「分かち合い」
という
原則にもとづいて
互いに支えあって行くこと
 
そしてそれによって
一人では出来ないことを
ともに協力することで
 
社会全体の山を動かして行くことが
大切だということです。
 
私も、今年は
そうした方法論等を
このブログで提供して行ければと
思っています。
 
この難局の時代だからこそ、
互いに支えあい
生きて行くことを
じっくりと学べるのでしょう。
 

Feb05

運を引き寄せるために大切なこと『確信を持つ』

運が強い、
という人には共通の特徴があります。
 
それは何かというと、
『確信を持っている』
ということです。
 
もう少し分かりやすく説明をすると、
運が強い人は、
自分自身が望む結果を
創り出す(あるいは受け取る)ことに
『深い確信』を持っているのです。
 
こういう人を見ていると
とても不思議な気持ちになります。
 
なぜなら、そういう人と付き合っていると
目の前で数多くの
『奇跡』が
起きるからです。
 
普通に考えるとありえないことが
『確信を持つ』ことによって
ポンポンポンと
現実化して行ってしまうのです。
 
確信を持つ内容とは
それぞれでしょう。
 
お金、恋愛、仕事
パートナーシップ、結婚、
夢、自己実現
 
等々。
 
なぜ、確信を持つと
奇跡がおきるのでしょうか?
 
それは、
簡単にいうと
『運が見方をする』からなのです。
 
そして、
確信を持つことで、
結果をつくり出す自分自身も
『ぶれにくくなる』からです。
 
『確信をもっている』と
 
自分自身がぶれにくくなり
結果的に
『自分ではなく、周りの環境が
その軸に会うように変化していく』のです。
 
確信というのは
いうなれば、
『コマの軸』のようなものでしょう。
 
自分自身の軸がぶれないと
まわりの環境が
それにあわせて変化して行くのです。
 
あたかも、
沢山の惑星を
自らの重力で
引き付け
軌道を与えている
太陽のように。
 
さて、
それではどのようにすれば、
こうした確信を持つことができるようになるのでしょうか?
 
それは、、、、
 
 
明日のお楽しみです!(^^)
(皆さんも考えてみてくださいね。)

昨日の答え『確信をもつために』

さて、昨日は柄になく
もったいぶってしまいましたが (^^;)
思いもがけず、沢山のコメントをいただきました。
 
ありがとうございます!
 
なにか、こういうところからも
あたらしい『分かち合い』の風が
吹き始めているのかなと、勝手ながら感じています。^^

さて、
昨日の答えです。
 
確信をもって、
運を引き寄せて行く為の方法、
 
それは、、、
 
継続的に
私は◯◯です!
と自分自身に宣言することです。
 
この習慣は、少し専門的に云うと
『アファメーション(宣言)』と呼ばれている
習慣です。
 
豊かになりたいと思ったら
「私は豊かです。」
あるいは
「私は沢山の豊かさを受け取ります。」
と継続的に自分に宣言してみましょう。
 
そうすると、
軸の定まったコマが
安定的に回転するように
 
自然にあなたが
豊かさを感じられる現象が
起き始めてきます。
 
愛されたいと思ったら
「愛されたいなぁ」と思いを巡らすよりも
「私は愛されています!」
と宣言してみましょう。
 
不思議に
あなたを深く愛してくれる人との
出会いが引き寄せられてきます。
 
こうした
アファメーションの習慣にもコツがあります。
 
それは、
私は◯◯したい、
私は◯◯になりたい、
という願望形で宣言するのではなく、
 
私は◯◯です
という『言い切り形』で
宣言することです。
 
◯◯したい、
◯◯になりたい、
というのは実は
いま自分自身が
◯◯ではない、ということを
自分自身に宣言してしまっている状態に
なっています。
 
豊かになりたい、
という宣言は、
私は今は、豊かではない
と宣言をしてしまっており、
 
愛されたい、
という宣言は
私は、愛されない
と宣言をしてしまっているのです。
  
あて、このアファメーションという習慣ですが、
こうして
なんどもなんども
自分に宣言をしていくと
不思議なことに
最初は、
◯◯であることへの違和感を持ちながら進んでいくのですが、
だんだんと
◯◯でないことへの違和感へと
変容して行きます。
 
豊かであることへの違和感から、
豊かでないことへの違和感。
  
愛されていることへの違和感から、
愛されていないことへの違和感。
 
といったように。
 
もうすこしアファメーションをした後の
この心理的変化を
説明すると、
 
たとえば自分自身に
私は愛されている
というアファメーションをして
そういった「愛されている自分」という「軸」を持つと、
 
これまで甘んじてうけいれていたような
愛されていないという状況
(恋人に辛らつな言葉をあびさせられる
なかなか異性に心をひらけない、等)になると
その状況に違和感を覚え始めます。
 
そして、愛されている
状況を再び創造しようと
していきます。
(辛辣な言葉を使わない相手を選ぶようになる。
異性に心を開いて話せるようになる、など。)
 
いうなれば、回転するコマの軸が
「私は愛されていない」という軸から
「私は愛されている」という軸へと
変わったのですね。
 
運が強い!という人は
(無意識に)
このアファメーションを
使っている方が多いのです。
 
私が推奨している新月のお願いごとも
このアファメーションの一種だといえるでしょう。

さて、
あなたのコマの軸はなんでしょう? 
 
あなたはいまどんな軸を持って
どのように現実を動かしていますか?
 
そして、あなたが幸せをより感じる為に
どのような軸を持って
どのような現実を引き寄せて行きたいですか?
  
 
さて、本日、紹介したアファメーションという習慣ですが
このようなアファメーションは、
ある方法をとると
とっても効果的に進みます。
    
そして、その具体的な方法、それは、、、
 
明日のお楽しみです!
 
(もったいぶるのに味をしめた(笑))

Feb07

さてさて、

さてさて、昨日の答えの
発表です。
 
アファメーションを効果的にすすめるための具体的な方法論
とはいったいなんでしょう。
 
昨日の答え。
 
それは、、
 
『紙に書くこと』です。
   
『紙に書く』
とてもシンプルですが、
実はこれが大変な力を持っています。
 
もう少し具体的に書くと、
 
自分自身へのアファメーションの言葉を
紙に書いて、
 
目に見える場所(机の近くや、ベッドサイドの壁など)や、
 
いつも持ち歩く
手帳の一ページ目に
張っておくのです。
 
『私は、無限の豊かさを受け取ります。』
『私は、豊かな愛情で充たされています。』
『私は、互いに支えあい互いに愛し合える
ソウルメイトの出会いを受け取ります。』
『私は、健やかで安らかな暮らしを受け取ります。』
 
これらのアファメーションの言葉は
自分自身の欲求に沿って
より具体的に書いてもいいでしょう。
 
自分の軸がぶれそうになったら
これらのアファメーションの言葉を
口に出して読んでみてもいいでしょう。
 
こうしたアファメーションの文章を
日常的に眺めていると
 
自分自身の無意識に
こうしたアファメーションの言葉が
だんだんと刷り込まれて行きます。
 
そして、
刷り込まれたこれらのアファメーションの言葉は
自分自身の
日常的な行動面に
少しずつ影響を
与えて行くのです。
 
それを続けて行くと
不思議に
自分自身が
アファメーションした通りの
現実を日常的に選択し
結果的に引き寄せて行くことになります。
 
さて、見事全問正解!されたかたには
ユピテルから特別に無限の愛のエネルギーを
送ります!(笑)
 
皆様3日間クイズに
お付き合い下さいましてありがとうございました!!(笑)

Feb08

満月のリリース 

明日は、9日の夜は
満月です。
 
満月の夜には
手放したいものを
紙に書くと
 
上手にリリースできるようになります。
 
不安や
恐れ
手放したいものを
新月のお願いごとと同じように
10個書き出してみましょう。

職場の人間関係、 
お金の問題、
恋愛への恐れ、
ネガティブな感情、
 
そうしたものを
箇条書きで
 
『私は◯◯を手放します。』
 
と書き出してみましょう。
 
すっと
胸が楽になるはずです。
 
そして、しばらくして
気付いたら
そうした悩みを
解放している自分と出会うでしょう。

Feb12

人生のシナリオを描く力

いま、
過去の時代に築かれた
さまざまな価値観が
崩壊しています。
 
終身雇用制の崩壊
結婚の制度や概念の変容
一億総中流時代から
様々な局面での格差構造の出現 
資本主義社会の自壊

  
こうした時代に大切なことは
過去の価値観にとらわれすぎずに、
 
私たちの『今』にフォーカスをして
私たちそれぞれの
『過去』と『今』、そして『未来』を
創造的に
繋げて行き、
 
私たちの『今』を
ダイナミックにいきる力です。
 
こうした時代だからこそ、
『恐れ』や『不安』のエネルギーを
『情熱』や『変革』の力に変えて行くことが重要です。
 
さて、そうした時に大切なことは
自分の人生のシナリオを
豊かに
描いていく力
でしょう。
 
自分の人生の
脚本家になってください。
 
自分の人生の
主人公となりましょう。
 
もう今の現状に即せず
使うことができなくなった既存の価値観、
外の価値観に依存しすぎないためには
自分自身の
物語を描く
創造力と想像力が必要となってきます。
 
既存の枠組みが持ちこたえられず
自壊して行く社会という大きな物語に
飲み込まれてしまわない為にも、
 
まずは、
自分自身の人生の脚本を
しっかりと描きましょう。
 
よくよく考えてみてください、
 
どんな英雄物語も
最初は、
混乱した社会、
古い価値観が社会の停滞を生んでいる時代、
そうした
時代背景から
スタートするのではないでしょうか?
 
そういう意味では、
いま一人一人が
自分自身の物語の
主人公となる時代がきているのではと
思うのです。
 
逆境は、
不安や恐れを
情熱に変容させる力を持っています。
 
逆境のときこそ、
ほんとうに大切なものが見えてくる。
  
私も、こうした逆境の時代を目の前にして
皆が豊かに生きれる方法はないかと
考え、熱く情熱に燃えています。(笑) 
 
メラメラ。

Feb13

人生のシナリオを描く上で大切な要素

大切なことは目に見えない、
目に見えないからこそ
私たちは
その目に見えない大切なものを
『心の目』で、よく見ることが大切です。
 
昨日の『人生のシナリオ』
自分らしい、豊かな人生のシナリオを描く上で
ユピテルが考える大切なことを
リストアップしてみました。
 
今後こうしたことも
ブログで具体的に
発信していこうと思っていますが、
 
今日は、ちょっとメモです。
メモですいません。^^;
 
◎仕事における自己実現(人生のテーマ、人生の軸を持つこと)
◎家族や恋人、夫婦、友人等、親密な関係性において愛情によって充たされること
◎他者とのコミュニケーション、自己主張の在り方、他者との相互理解
◎お金との付き合い方、経済力
◎感情の扱い方、感情の解放
◎身体をリラックスさせる方法
◎夢を描く力
 
◎いのちの大切さ、尊さを感じながら、今を生きる力
◎ものごとに感動する感性
◎社会全体の潮流を分析、理解する力
◎不安や恐れを情熱というエネルギーに変え、物事の局面を突破して行く力
◎自分を信頼しものごとを楽観的にとらえる観点を持つこと
◎物事を違った観点から見てみる力
◎常識にとらわれない柔軟な思考力
◎地球規模の問題と日常生活における意識を繋げる力
(地球環境問題や、貧困問題、持続可能な社会像を描くことなど)
 
ほかにも色々あると思います。
 
最近、私の意識も少しずつ変わってきていて、

今年は、1:1のセッションだけでなく、
1:多のワークショップや講演等で
色々とメッセージを伝えて行くような
年になりそうです。
 
2009年もユピテルは
愛と情熱を持って
頑張って行きますよー。
 
メラメラ。(笑)

Feb14

世代間の意識の格差

最近私が興味をもっているのは、
世代間の意識の格差です。
 
仕事柄、いろいろな世代と
お話しする機会があるので
それぞれの世代の特徴等も
おぼろげながら感じることがあります。
 
大まかに分けると、
 
■幼少期、青年期に太平洋戦争を経験した最後の世代
■定年退職を間近にした(あるいは定年退職後の)全共闘世代
■右肩上がりの経済成長の恩恵を受け、比較的豊かな暮らしを享受できた40代
■過激な受験戦争と、就職氷河期を経験し、それと同時にフリーターという概念も
表れ始めたた30代
■過度な受験戦争の反省からゆとり教育をうけ
また、幼少期にバブルが崩壊し、その後に青春期を迎えた20代
■生まれたときからインターネットが存在していた10代
 
(これにさらに加えると、大量の国債、破綻寸前の国家システム
地球規模の環境破壊などの負の遺産を、無条件で、受け継がなければならない
新生児世代もはいるのでしょうね。(汗))
 
こうした、
さまざまな世代とのコミュニケーションをとっていくと
それぞれの時代背景があって
個人の考え方が形成されて行くのだなということを
意識せざるを得なくなります。
 
そして、強く思うのが、
実はこうした世代の違いがありながら
それぞれの世代が
団子状に固まっていて
お互いの世代の意識の差異が
今現在、
意外と共有できていないということです。
 
これは、家族関係においても、
職場関係においても
非常に重要な意味を持っているのだと思います。
 
例えば、
結婚活動においても、
親の世代の結婚観と、
現在の結婚観とは、似て非なるもので、
 
昔と違って、職場において上司が
いい人を紹介するということは、
 
いまの職場だと
相手の受け取り方次第では
セクハラとなってしまうでしょう。
 
また、雇用形態も多様化し、
正社員と派遣社員との相互の
コミュニケーションをとる機会も
少なくなってしまいがちで
雇用形態の違いのために
なかなか良い相手と出会う
ということも難しくなっているようです。
 
こうした状況にも関わらず、
意外とそうした世代間の時代背景の差異が
世代間においてシェアされていないために
 
親の期待と、自分自身の実際の環境とに
ギャップを感じ、
辛くなってしまうこともしばしばあります。
 
これは、職場関係においても、
同様で、
 
右肩上がりの経済成長のなかで
純粋にスポーツカーへの憧れをいだけた40代の上司が、
バブルが崩壊してから日本が衰退期に入った時代に
(そして同時にそうした現状を目の前にして
物質的な豊かさの儚さを無意識に感じとっている世代)
青春期を迎えた20代のこころを理解して
うまく扱えるかというと、
 
これもなかなか難しいことでしょう。
 
では、こうした世代間の意識の格差を
埋めて行くものはなんだろうか?
 
と考えたときに
重要なことは、
 
やはり『語り合う』こと
だと思うのです。
 
また、年金制度の崩壊なども、抜本的な議論が進まないのは
こうした世代間の意識の差異に焦点が当たっていないからではないかと
思うのです。

私が思うに、2009年、2010年というのは
こうした世代間の格差をより
意識する一年になるのではないかと思っています。
 
そして、
以前から述べている通り、これからの2年間の
大きなテーマは
 
『分かち合い。』
 
これは物質的な富だけを意味しているのではなく、
 
こうした意識の差異を
どのようにお互いに理解し
乗り越えて行くのか、
 
という問題でもあるのです。
 
こうした世代間の意識の差異を埋めて行くのは
やはり
『コミュニケーション』
これにつきるでしょう。
 
以前は、こうした世代間の格差は
村や、町などの
共同体の内部で調整されて行きました。 
 
お互いに顔が見える距離だと
やはりコミュニケーションも進みやすいのです。
 
しかし、現在は
若者はワンルームに住み、
半径3メートル以内の人間関係に閉じこもってしまい、
他の世代とのコミュニケーションをとる環境はなく、
 
また、核家族化も進展し、
世代間のコミュニケーションが
非常にとりにくい時代となっています。
 
今後、こうした世代間の格差は、
コミュニケーションを通じて
お互いの理解を深めて行くことが必要なのでしょう。
 
隣人の顔が見えないと、
なかなか人は
お互いに『支えあう』『分かち合う』ということに関するリアリティーを
持つことができません。
 
こうした変容の時代からこそ、
異質な他者、世代を超えたコミュニケーションと
いうものは
非常に重要なテーマとなってくると思うのです。
 

Feb20

2月21日癒しフェスタ開催時間

2月21日(土)癒しフェスタ開催時間ですが、
始まりの時間が少し早くなり
当初13時〜18時半でしたが、
11時〜18時半の開催に変更になりました。
 
ご予約の席はまだございますので
どうぞご連絡下さいませ。
 
皆様にお会いできますこと
楽しみにしております。
 

Feb24

明日は新月です。

さて、明日2月25日は新月です。
 
明日はどのようなお願いごとをしますか?
 
皆さんに、よき変化が訪れることを
心より祈っています。
 
新月の願い事のやりかたは
こちらに書いているので参考にしてくださいね。
http://www.ondorinohane.com/blog/2008/12/post_371.php
 
明日の正確な新月の時間は、10時36分なので、
最もパワフルなのは、その後3時間以内に書くことですが、
夜に書いてももちろんOKです。
 
個人的には、夜に書いた方が
雰囲気があるなと思っていつも夜に書いています。
(ちょっと書いていることと矛盾していますが。^^;)
 
もし、明日に書き忘れても、
新月のパワーは3日間はもつので、
あきらめずに書いてくださいね。
 
沢山の愛と光と感謝のエネルギーが
皆さんのもとに届きますように!!
 
最後に私が好きなこの歌を♪
   
 
When You Wish Upon A Star

Music by Leigh Harline / Lyrics by Ned Washington
Performed by Jiminy Cricket (Cliff Edwards)
 

When you wish upon a star
Makes no difference who you are
Anything your heart desires
Will come to you

If your heart is in your dream
No request is too extreme
When you wish upon a star
As dreamers do



Fate is kind
She brings to those who love
The sweet fulfillment of
Their secret longing

Like a bolt out of the blue
Fate steps in and sees you through
When you wish upon a star
Your dreams come true
 
 
 
星に願いを
 
夜空の星に願えば
あなたが誰であっても
あなたが望むことは
全て叶います。
 
もし貴方の心が夢で充たされれば
どんな願い事も
願いすぎるということはありません。
あなたが心から夢を描くのならば。
 
運命は優しく
密かに願う
愛するふたりの気持ちも
きっと甘い愛で
満たしてくれるでしょう。
 
青天の霹靂のように
突然に運命の女神は
貴方の目の前に現れて
貴方の夢は実現するのです。
 
(ユピテルジョージ意訳)
  
 
…なんて素敵な歌なんでしょう。(うっとり)