Feb26

ワークショップへの思い

3月6日豊かさワークショップまだまだお席の方空いております!
 
さて、今回のワークショップなのですが
【豊かさを引き寄せるシンプル習慣術】というタイトルなのですが
 
今回扱う内容は
○毎日トイレ掃除をすると金運が上がる とか
○黄色い財布を持つとお金がやってくる
○毎日「ありがとう」という言葉を意識的に使う
といった内容ではなく
 
(もちろんこうしたことって結構重要で
私も実践していているのですが)
 
なぜそうしたことをすることで
豊かさがやってくるのか?という
「こころの仕組み」についてお話をします。
 
そして今回は(いつも特にワークショップではそうなのですが)
「魂」とか「癒し」といった
スピリチャルな世界特有の言葉は使わずに
 
あくまで「分かりやすく」「平易な」
言葉を使って全ての内容を構成しています。
 
いうなれば高校や小学校とかでも
話せるような内容であること。
 
これは私なりの想いがあって
スピリチャルなことって本当は
ことさらスピリチャルな言葉を使わなくても
(あるいは近い将来スピリチャルブームが終わっても)
人間が人間らしく生きるにあたって
ほんとうは当たり前のように私たちの身の回りにあることで
 
当たり前のように私たちが感じていることだから
あえてそうした専門的な用語を使わない
という気持ちがあります。
 
専門用語は専門家のための言葉であって
決して多くの人に「伝えるため」の言葉ではないんですよね。
 
専門用語は本当は、多くの場合シンプルに言い換えられる。
言い換えられてこそ誰にでも分かりやすい内容に
なるのではと思うのです。
 
こうした気持ちを持つのは、
 
自分自身が3年前に大学を卒業して
占い師として出発した時、
 
無謀にもそのまま裸一貫で社会にでてしまい、
右も左もわからず、いろいろなこと
特に、「豊かさ」ということですごく苦しんで
(端的に言うと、出発時はほんとーに貧乏した)
 
でも、そこであきらめずに
なんとか豊かになる方法はないかと
いろいろな本を勉強したり
悩んだり格闘していくなかで
 
出会った色々な人から、そして本から教えてもらった
「豊かさの智恵」のエッセンスを
私なりにギュッと凝縮したものが今回の内容。
  
そうして、いろいろ苦労した中で「豊かさ」について感じたのは
 
自分が望む豊かさを得るためには
 
なによりも
欲しいものに焦点を当てるだけでなく
欲しいものを手に入れた時の
感情や充足感に焦点をあてることで
 
欲しいものが手に入りやすくなる
という内容。(これはブログでもよく書きますが)
  
だからこそ、
多くの人に分かりやすく、そして
願わくは、受けた人が他の人に
こういう考え方もあるんだよ
という形で伝えてもらうことで
 
多くの人が「豊かな気持ち」と「豊かさ」の
二つを手に入れてほしいなというのが
私の願望。 
  
そのためにはなるべく
伝わりやすい言語、伝わりやすいツールを使い
合理的な説明をすることが大切だなと。
  
夢の持てる社会をつくるとか、
言葉でいうのは簡単なんだけれど
 
では実際には?と考えた時、 
 
いま自分ができるアクションは
やはりここが大切な入口であり
そして突破口なのかなと感じています。