Feb13

「○○すべき」と思うと上手くいかない理由について

皆さんはこのような経験がありますでしょうか。
 
「○○すべき」と思えば思うほど
○○することへのプレッシャーが強くなって
 
○○することを先延ばしししたりしてしまったり
後回しにしてしまったりすること。
 
なぜ「○○すべき」と思えば思うほど
それに対する心理的抵抗が強くなってしまうのでしょう? 
 
それは実はこういうわけがあるのです。
 
「○○すべき」という考え方は
実は「××してはいけない」という考え方と
表裏一体の関係にあります。
 
たとえば
勉強すべき=遊んではいけない
 
ダイエットすべき=甘いものを食べてはいけない
 
禁煙すべき=喫煙してはいけない
 
といったような感じです。
 
しかしここで大切なことは
 
「○○すべき」と思えば思うほど
実は「××してはいけない」という
メッセージが意識の中では更に強くなるということ。
 
さて、ここで考えてみてくださいね。
 
これから私がいうことを
【絶対に】想像しないでくださいね。
 
絶対に、ですよ。
 
 
…みかん。
 
…真っ赤なりんご。
 
…さむーい日の あったかーいコーンスープ。
 
…ほくほくの美味しそうなハンバーグ
 
 
あ、だれですか いま唾を飲み込んだのは(僕です)
 
   
―――さてこれは冗談で、
 
どんなに想像しないでといっても
言葉を聞けば想像してしまいますよね。
 
実はこの言葉とイメージの仕組みといっしょで
「××してはいけない」という言葉にも
「××する」イメージが必ず付きまとうのです。
 
さてここで本題ですが
「○○すべき」という考え方は
かならずそこに「××してはいけない」と最初にお話ししましたが
 
実は、
そして「○○すべき」という思いを強くすればするほど
実は「××する」イメージが
更に強固なものになってしまうのです。
 
たとえば
「勉強すべき」という考え方は「さぼって遊んでしまう」イメージを
 
「ダイエットすべき」という考え方は、「ついつい甘いものに手を出す」イメージを
 
「禁煙すべき」という考え方は、「ついつい一服してしまう」イメージを強化するのです。
 
こうして「○○すべき」と思えば思うほど
無意識のうちに
××してしまうイメージというのが強くなっていくのですよ。
 
なんとも不思議というか
意地悪な構造だと思いませんか。
 
うーん、まいっちゃうね。
 
さてさて、それではここで皆さんに問題!

この「○○すべき」の【罠】を抜け出すの方法があるのですが
 
これは一体なんでしょう?
 
答えは次回のお楽しみ!
 
是非考えてみてくださいね。

Comments(6)

久々!
ユピテルクイズですね~(^^)♪

うーん……
「OOすべき」で描く、成功した‘良い’結果をイメージする事でしょうか…?
でも……
結果をイメージするって、だいぶその人任せですよね~。
(想像出来ない人にとっては苦痛…)
しかも、例えばダイエットを成功してその後失敗した人で、
成功までの道のりが辛いものだったなら、
「成功までにあんな頑張りや苦労が要るならもう良いや!」ってヤケになる人もいるかもしれないし…

うーーーーん。
「考えない事」ですかね?
「ケ・セラセラ精神=なるようになるさ~」とか。

それかー、
ダイエットや勉強や禁煙をしてても
私は私。そのままで十分素晴らしい!と思う。

…んなワケないか。出来ない自分が余計ヤになりそう(^_^;)

…うーーーーーん。
ユピテル先生、

はい、わかりません!

間違えました。
「ダイエットや勉強や禁煙をしなくても私は私、素晴らしい~」…でした。

でも正解じゃないと思いますので良いんですけどね(^_^;)

『○○したい!』という発想に切り替える!
はどうでしょう?
mustではなく、wantで生きたいと、
僕は考えています(^^)

Ayaです。

勉強してはいけない!ダイエットしてはいけない!とか?
違うかな~。
じゃあ、「遊んでいいよ!」「甘い物食べていいよ!」かな?

「『ねばならない』をなくすと大切なものが見えてくる。」と矢野顕子さんが言っているのを昨日読んで、気持ちが楽になりました。
本当はいらないmustが、たくさんありそうです。

ダイエットの話で、痩せることができる人は、いつでも痩せられる自分を信じているから、食べること(太る好意)をも楽しんでいるって聞いたことがあります。

ってことは、してはいけないと思っていることをあえて喜びと感謝を持って行う、という逆転の発想はいかがでしょう。

それは、○○しなければならないと思っていることを、いつでも始められる自分を信じることにつながるのでは???

う~ん、

みなさん、書き込みありがとうございます!

いろはさん、

「OOすべき」で描く、成功した‘良い’結果をイメージする事でしょうか…?
 
実はこれがここでの正解でした!おしい!良い結果をイメージすることで、○○すべきから、○○したいに自然に意識は変化していくのですよね。
 
ただご指摘の通り、○○すべきとおもっているときって、良い結果をイメージするのが結構難しいんです。そこで今回は【ひと手間】として、おなじみの「宣言(アファメーション)」を使っています。
 
荒東さん、
 
正解です!おめでとうございます!!
 
あやこさん、

矢野顕子さんの話、深イイ話しですね。ねばならないを積み減らしていくと、意外とやりたいことはシンプルだったりするのでしょうね。
 
chocolatさん、
 
ダイエットの話、そうなんですね。面白い!

してはいけないと思っていることをあえて喜びと感謝を持って行う
というのも面白い発想ですね!

名前ユピテルジョージ 日時February 15, 2010 7:10 PM

Add Comment

個人情報保護のため、コメントは承認制です。反映されるまで、今しばらくお待ちください。

HTMLタグが使えます