Mar01

景気が悪い時こそ「新しい価値」が見えてくる

個人セッションでのご相談をうけるなかで
 
今年に入ってからこの数カ月
昨年に比べて、益々景気が悪くなっている
ということを肌で感じています。
 
やはりなによりもいまは仕事がないですし
社会全体が低迷しているので
明日の将来像も描きにくいです。
 
しかしこうした景気が悪い時こそ
お金を使う時、
サービスを受ける時に、
「慎重」に買うものやサービスを選ぶので
 
私たちの新しいニーズを満たす
「本当の価値のある」ものが慎重に選ばれ
社会に出てきます。
  
これまでぼんやり考えていた
「本当の価値」が
 
更にこうした時代だからこそ
明確になってあらわれてくる
という側面も
あるんだなと強く感じます。
  
かくいう私も個人セッションでは
サービスを提供する側なのですが
 
こうした時代だからこそ求められる
「本当の価値」を提供できるように
日々努力しています。
   
そしていま感じる実感として
きっとそれってもはや形のあるモノではなく
もっと目に見えない「豊かさ」だということ。
 
成長や、感動、
関係性や愛情といった
 
お金で換算できない
目に見えない豊かさ。
  
私にとって
日々の個人セッションはそうした意味で
 
他者との接点であり
社会との接点であり
そしてその接点を通じて
 
この社会に住む人間が
いま、何を感じ何を考えているのかということを知る
大切な勉強の材料でもあります。
 
今度のワークショップでは
「豊かさ」についてのお話をするのですが
 
このブログを含め、こうした講座でお話しする内容も
 
私の日々の個人セッションという社会との接点、
窓口を通じて知ることのできた
新しい時代の「新しい価値」です。
 
今年はますますこの目に見えない「新しい価値」を
ともに分かちあっていきたいと感じています。
 
というわけで3月も頑張りましょうー!
 
 
どれだけ夜が長くとも
朝がこない夜はない。
 
一番暗い時にこそ見える
本当の明かりは
 
私たちの心の中に灯っている
自分らしさという明かりです。
 

本日は満月です。

本日は満月です。
 
満月の日はこのブログではおなじみの
満月の手放しのワーク。
 
自分がいま手放したいものや感情を
 
私は○○を手放しました。
 
という形で10個書きだしましょう。
 
そうすることでこれから欠けていく
月の力があなたの手放しを
サポートしてくれます。
 
また前回の満月のときにお話しした
 
満月の手放しのワークを
あたかも新月の願い事のように
願いを叶えるワークに変化させるテクニックも

参考にしてくださいね。

Mar04

いよいよ土曜日です。

いよいよ土曜日に近づいてきました。豊かさワークショップ
 
分かりやすく、そして
心に残る、感動できる内容をお話しできるように
当日のシミュレーションをしています。
  
さて、今回のWSもとても充実になっています。
 
まだお席の方ありますので
滑り込み参加も大歓迎です。
 
ともに素敵な春を
迎えましょう!
 

Mar05

燃えています!

連日、ワークショップのお話ですいません!
 
いよいよワークショップ前日となり
意識をぎゅーっと明日の講座に向けています。
 
明日は全ての情熱をかけて
熱く語ります!
 
と同時に、分かりやすく
そして深く納得できる内容になるように
 
私の思いを注ぎます!
 
これからちょうど2週間後が
春分の日!
 
素敵な春のスタートが一緒に切れるように
明日の私の全てをかけて
最高の時間をお届けします。
 
お楽しみに!!

Mar07

ワークショップありがとうございました!

昨日のワークショップ
おかげさまでとても充実したものになりました!
 
アンケートの結果も
過去最高の満足度を更新!
 
そして今回のワークショップの
新しい試みである
メールでのコラム配信も本日始まりました。
 
開催するごとに、
着実に充実度をあげていく
ワークショップ!
 
さて次回はどんな内容でしょうか?
 
こうご期待!
 

Mar11

心が満ちるために

お月さまが満ちるように
こころが
「幸せ」で充足するための秘訣。
 
まずは、
 
「完璧を求めないこと!」
 
あなたがいまとりくんでいること
 
そこで、
完璧な成果が出ても出なくても
 
そもそもあなたの本来の価値には
なーんの
関係もありません。
 
あなたはあなた、
あのひとはあのひと。
 
成果はただの成果、
評価はただの評価。
 
人生なるようにしかならないですし
それでダメなら
一緒に泣いてそして
一緒に笑いませんか?
 
あなたはあなた。
 
わたしはわたし。
 
それだけで価値あるものだと
思いますよ。
 
そして、そのうえで
 
「本当に自分が心からやりたいことに
耳を傾けてみましょう」

 
出来るかできないかは別にして
 
「やりたい」と思うことに
意識を向けると
 
自然にこころが軽くなってきます。
 
そしてだんだんこころが
温かくなってきます。
 
こころが温かくなると
 
自然にワクワク感が
ハートからこぼれてきます。
 
ハートからこぼれたワクワク感は
 
自然にあなたの毎日を
笑顔で満たします。
 
難しく考えるよりも
 
目の前のものごとをシンプルにして
完璧を求めすぎずに、やりたいと思うことに対して
自分の心に耳を傾けてみると
 
自然に月が満ちるように
 
あなたのハートから
安心感とワクワク感が
一緒になってあふれ出してきますよ。
 

Mar13

仕事中毒にならずに仕事を「楽しむ」ためにタイセツなこと

毎日のなかで仕事って
人生の時間の多くの割合を占めるもので
 
それが充実しているかどうか
それを楽しめるかどうか
そこに意義を感じるかどうか
というのは多くの人にとって
とても重要なテーマだと思います。
 
今日はその仕事について
ワンポイント!
 
土日も仕事のことで頭がいっぱい
オンもオフも境目がなく
毎日頭の中が
やるべきことでぎゅーっとつまっているとしたら
 
もしかすると「仕事中毒」の可能性があります。
 
「仕事中毒」を引き起こす
大きな理由は実は一点!
 
仕事上での自分の出す成果と
自分の本来の価値を
同一視してしまうことに
その大きな理由があります。
 
仕事がうまくいく=自分の本来の評価が上がる
仕事がうまくいかない=自分の本来の評価が下がる
 
と無意識におもってしまうこと。
 
職場内外での競争が激しかったり
専門性が高く個性で仕事をするような職種
であればさらにこうした可能性は高くなります。
 
でも、ここで大切なのは、
  
自分もそして他者も
人間の本来の価値というのは
 
実は仕事の結果いかんにかかわらず
本当は、かけがえのないもの、
 
ということ。
 
つまりこういってしまうと身も蓋もないのですが、

仕事の成果と
本当の自分の価値とは
本当は、何の関係もなく
 
それは仕事ができようができまいが
うまくいこうかいくまいが
あなたはかけがえのないあなただということ。 
 
一日の多くの時間、仕事というものに
従事する中で
そうした大切なことをしばしば忘れがちです。
 
それではどのようにすれば
この種の「仕事中毒」から
解放されるのでしょうか?
 
ひとえにそれは
「自分の心の声を大切にすること」
 
疲れた時は休みましょう。
 
自分を大切にする時間を持ちましょう。
 
人の期待にこたえすぎずに
まずは自分の欲しいものを
しっかりと満たしてみましょう。
 
そうすると
競争や、仕事のなかで見えていなかった
かけがえのない人生の価値が
見えてきます。
  
そうやってオンとオフの時間をしっかりと分けて持つことで
 
結果的に仕事のクオリティも
あがってくる、ということも多いのです。

Mar15

今週末の3月21日は春分の日です。

今週末の3月21日は春分の日です。
 
春分の日は
昨年の冬至の日(12月22日なのでクリスマスの少し前)から
数えて丁度1年の1/4です。
 
クリスマス、年末、年忘れ、新年
そして1月2月、そして年度末
というこの時期を振り返ってみると
わかるのですが、
 
実はこの冬至から春分までの間って
 
2009年を振り返って、
2010年に向けて新しい目標を立てるということが
だれしもにとって
大きなテーマになっています。
 
そしてこの四半期サイクルで見てみると
春分~夏至までの期間って
いうなれば
立てた目標をより実践的に
行動していく
あるいは立てた目標をいよいよ
本格的に現実化するためのスタートとなっていると
思います。
 
というわけでこの1週間は
冬至~春分までのこれまでの3か月間を振り返り
 
新しい春分~夏至までの
四半期の目標を立てる
ために時間を使うとGOODです!!
 
ちなみに今年の夏至以降の星の配置というのは
占星術的に見た時には
 
ひとことでいうと
 
超、ド派手!!
 
天王星・木星が牡羊座に移行し
また山羊座の冥王星、天秤座の土星とともに
タイトなTスクエアを形成し
 
これは時代の変革点にあらわれるとされる
 
未曾有の
「カーディナルクライマックス」とよばれる
非常に特殊な星の配置になります。
 
細かい説明を抜きにして
あえて擬音語で表現すると
 
「うおおおおおおお!!!!!!!」
 
って感じの星の配置です。
(なんじゃそりゃ)
 
まぁ、つまりは2010年はこの
夏至以降 
社会構造の様々な側面で
「旧態依然とした社会システムや考え方がいよいよ本格的に無くなり」
「新しい時代の始まり」を感じさせられる
 
新技術や・新制度などが
沢山私たちの暮らしの中で
顕著にあらわれはじめる
 
そんな大きな時代の「変節点」という
象徴を天空の星々は私たちに与えてくれています。
 
まぁ、そういうと大げさに聞こえますが
 
そもそも08年の9月のリーマンショック以降
100年に一度の経済危機と言われて久しい昨今
日本でも政権交代や、
自動車産業の後退(より巨視的な観点から見た時には産業構造の変化)など 
 
星の配置を見るべくもなく
私たちがいわゆる「歴史」の変節点にたっているということは
疑うべきもない事実なのですが
 
いよいよそろそろ
過去の制度の崩壊と混乱という
そうした闇の側面だけでなく
 
「新しい時代の訪れ」という
光の側面
 
つまり「よっしゃ!なんかやってやろう!!」
というような
一種の情熱を
 
この夏至以降私たちは
感じることも増えてくるのではないかと思います。
 
そしてそうした「新しい時代の始まり」の結節点になっている
2010年の夏至にむけて
 
この春分から
私たちが毎日の生活の中で
どのようなことを感じそして
どのように暮らしていくのか
 
それをよく考えるためにも
 
改めて
今週末の春分までの1週間
 
改めて昨年末から今までのきた道を
振り返って今後の計画を立ててみてもいいと思います。
 

 

Mar16

本日は新月!しかも今回はかなりパワフルです。

本日3月16日は新月です。
 
昨日の記事にも書きましたが
今週末の日曜日に「春分」を控え
 
そして惑星の配置的にも
天王星と水星が
今回の新月(つまり太陽と月)に
綺麗にぴーったり寄り添って
 
かつ朝の6時3分と
ほぼ日の出と同時に起こる
今回の新月
 
とってもパワフルな新月になっています!!
 
こんな配置は
正直なかなかありません。
 
さぁ、本日もいつものように
新月のソウルメイキングやってみましょう!
 
やり方は簡単♪
 
10個過去形あるいは現在形で 

「私は○○を手に入れました。」 
「私は○○しました。」
「私は○○しています。」
 
といった風に、願い事を書き出して
手に入れましたと宣言くださいね。
 
今回の新月はとーーっても
パワフル!!
人生を革新し、願いを叶える力に満ちています!
 
今週末の
春分からの新しいスタート
にむけて改めて
夢やビジョンを思い描きましょう♪

Mar21

いよいよ春分です!

本日はいよいよ春分です!
 
気候も暖かくなり
桜も徐々に咲き始めていますね。
 
さて、春分の日というのは、
占星術でみたときには
太陽がちょうど牡羊座に入宮した日。
 
牡羊座は12星座のうちで
トップバッターをつとめる星座であり
占星術では
「新しいスタート」という意味が
込められています。
 
昨年の12/21日の冬至から
本日の春分までの間
こころのなかで
いろいろ考えてきたものが
今週から徐々に芽生えてくるでしょう。
 
今年は6月頃には
木星や天王星といった惑星も
牡羊座に移動することもあり
 
一年全体を通じて
「あたらしい何かが始まりだした!」
といった雰囲気が
社会全体に表れ始めるでしょう。
 
そんな2010年の
春分の今日、
改めていいスタートダッシュを切るための
大きな今年一年あなたが達成したい
ビジョンを目標を
今一度確認してみてはいかがでしょうか?

Mar25

当たり前の中にこそ、すごいものがある。

日頃あまり注目されないけれど
ある時とてもすごい価値をもっているということに
気づかされることというのは
しばしばよくあることです。
 
そう、「当たり前」の中にこそ
実はすごい可能性が秘められている
のではないかと思うのです。
 
日本に住んでいれば
日本語が話せたり
何千もある漢字を
そらですらすら書けるというのも
これは日本人の当たりまえ。
 
でも一歩海を越えて違う国に行けば
これはものすごい「特技」だともいえるし
時にはそれが
その人の「仕事」にさえなることもあります。
 
当たり前のなかに
すごいものがあるということは
こうして考えてみると色々あります。
 
ところで
私が日頃使っている西洋占星術は
こうした自分にとっての「当たり前」を
相対化して気づかせてくれるという
鏡のような機能が備わっています。
 
これは西洋占星術に限ったことではないですが
 
ある意味、占いって
自分にとっての「当たり前」のことを
(たとえば自分の性格や、好きなタイプの異性など)
あらためて違った観点
から気づかせてくれるという点が
大きな魅力の一つなのではないかと。
 
血液型の本が流行ったり
色々な占いが流行ったりするのも
 
もしかすると自分にとっての
「当たり前」なことを
あらためて相対化して気づかせてくれるという
共通した魅力的な仕組みがあるからかもしれません。
 
ところで、
この「当たり前」のことに関してですが

私たちが毎日を過ごしていて
一番見えにくいというか
一番当たり前に存在しているものって
何かなと考えてみたら
 
それは私たちが
「生きている」
ということではないかと思います。
 
この世界には
(少なくとも目に見える存在としては)
生きている人しか存在していません。
 
私たちが日本で日本語を話すように
毎日呼吸し、毎日寝て、
毎日話し、そうして毎日
当たり前に暮らしています。
 
でも本当は
この当たり前に生きているということは
 
いままで話したような意味でいうと
実はものすごいこと、
ある意味とんでもない奇跡的なことだったりも
するのないかとも思うのです。
 
あらためて考えるに
 
私が西洋占星術にひかれ続け
そして仕事としても続けている理由というのは
こういう部分にもあるのかもしれないなと思います。
 
西洋占星術は、
一人一人違った星の配置があり
それは一人一人違った個性を持っていることを示唆し
 
そしてその違った個性に基づく
それぞれの「生きる」リアリティ
それぞれの「幸せ」それぞれの「愛の形」が
存在していることを
 
星の配置、星の象徴を通じて
表現しています。
 
占星術は過ぎ去っていく毎日のなかに存在する
「生きる」という現象を
夜空の星の象徴を通じて相対化することで
 
そこに存在する「生きる」というリアリティに
あらためて気づかせてくれる
そんな魅力を持っています。
  
占星術の世界が
科学的な事実かどうかはさておき
(というか占いで表現される世界は
決して科学的な事実では全くもってないのですが)
 
私はそうした西洋占星術の持つ
毎日の生活を星の象徴を通じて相対化させる
「鏡」のような機能に
強い魅力を感じるのですよね。
  
当たり前の中にこそ、すごいものがある。
 
と冒頭で書きましたが
 
私が占星術に携わる理由はきっと
 
「生きている」という私たちにとって
あまりにも身近すぎて認識しにくいリアリティを
星の象徴を通じて改めて相対化し
 
当たり前にすぎていく日常的な生活に
新しい生命を吹き込む
「鏡」としての機能に
魅力を感じるからだと思います。 
 
あたりまえの人生
あたりまえの自分を
 
特別な人生
特別な自分であることを教えてくれる
 
ひとつの鏡
 
それが西洋占星術なのかなと思います。
 
私が西洋占星術の勉強や仕事を
長く続けている魅力の一つには
こうした部分にも
あるのかもしれません。

関係性という財産

関係性というのは
一番目に見えなくて
当たり前に存在していて
 
でも本当は何事にも代えられない
特有の価値のあるもの。
 
信頼というのもそう。
 
それは時間をかけて形成されるものだし
即時に形成されるものでもない。 
 
そうした関係性や
信頼という財産は
手にとって実感できる財産とは違って
 
目に見えないものなので
気づかなければ
通り過ぎてしまう。
 
また時にメンテナンスや
ケアをすることも必要です。
 
3月は、
別れと出会いの季節。
 
改めて
いまここにいる自分を
支えてくれる
そうした関係性
 
そうした見えない財産の存在を
意識してみてもいいかもしれない。
 
そういえば
あまり長い間連絡取っていなかったという人に
連絡してみてもいいかもしれない。
 
今日よりも明日が
いい一日であるために
 
あなたが今持つ
目に見えない豊かさを
改めて確認してみても
いいかもしれません。
 

Mar30

本日は満月です。

本日は満月です。
 
満月の日は手放したいものを
10個紙に書き出すことで
月の力がそれを手放すことを
サポートしてくれます。
 
また、今日は1月の間に
2回満月があるという特別な日でもあります。
 
この特別な満月は
ブルームーンと呼ばれています。
 
1月に書いた
満月の手放しの願い事の裏技
是非参考にして
 
あなたの未来を
更に素敵なものにしてくださいね。