Apr01

エイプリルフールになじまない素敵なお話 ^^;

今日はエイプリルフールですね。
 
皆さんの周りには
心和む素敵なウソはありましたか?
 
ボクもこのブログで
素敵なウソをつこうといろいろ考えたけど
結局なにも思いつきませんでした…
 
(いないとおもいますが)
期待していた方がいたらすいません。(笑)
 
占い師はウソをつかないほうがいいよね、あはは。
 
さて、そんなエイプリルフールに
こんな告知もなんですが ^^;
 
今日はウソみたいな「ホント」の話を!!
 
来る4月11日(日)におなじみの
癒しフェスタが開催されるのですが
 
なんと!今回
「anan」や「MORE」「Oggi」などでもご活躍されている
恋愛マスターの大安ケイコさん
今回の癒しフェスタに
出展されることになりました。
 
大安さんといえば
これまでに3冊の恋愛本を執筆され
 
また自身が主宰される
ハピ婚相談所という結婚相談所や
恋愛ワークショップなどで
 
数多くの人を結婚へと導いてきた
恋愛とパートナーシップの「達人」です。

婚活中の女性に
幸せなパートナー掴む為に
自信と安心を与える存在として
カリスマ的な存在感を放つ
素敵な方です。
 
私も彼女と出会ってもうすぐで2年になるのですが
彼女の活躍や
真摯に、そして親身にアドバイスする彼女の姿を見て
常々心から尊敬している方です。
 
そんな大安さんが
今回の癒しフェスタに出展されるというのだから
それを聞いたときはスタッフの人に
あれ?今日って4月1日だっけ?と
聞き返したくらいです。(笑)
 
どうやら最近癒しフェスタの主宰の方と
会う機会があったみたいで
その御縁で今回の出展が決定したようです。
 
というわけで
今回の癒しフェスタは
素敵な出会いをもとめる貴方に
 
とってもお勧めの内容となっています。
 
恋愛マスターの大安ケイコさんのアドバイスと
プラネットセラピストユピテルジョージの
アドバイスで
 
あなたの4月からの恋愛運は
ぐんぐん上昇していくはず。
 
今回も席の方が早くうまってしまう可能性が高いので
是非お早目のお申し込みをお勧めいたします!
 
大安ケイコさんのブログ書籍
お勧めですよ!!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       only one net主催 癒しフェスタのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日付】4月11日(日)
【時間】13:30~20:00
※終了後会場近くで出展者との交流会をいたします。(実費)
お時間のある方は、是非ご参加ください(*^_^*)
【会場】上北沢区民センター
【住所】世田谷区上北沢3-8-9

【電話】03-3290-3701
【交通】京王線 上北沢駅南口(徒歩3分)
【参加費】500円(
お茶、お菓子付き)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

春・・・


穏やかで清々しい空気
爽やかな風が吹き抜け
新しい命が芽吹き出すこの季節


あなたは
この季節を感じ、
この時を迎える準備、
出来ていますか?

新しいこの季節に
あなた本来の輝きを見つけるために…
新しい一歩を踏み出すために…

この
“ 癒しフェスタ ”
へ遊びにいらして下さい(●^o^●)


あなたが
今まで共に歩んで来たことやもの。
その存在に気付けるチャンスが
ここにあります(^-^)

心深の喜び
外見の煌き


それは
あなた自身が持っています。

そんな
あなた本来の喜びと輝きに出会うキッカケを
このスペシャリストたち
がサポートします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆水石 博さん
・個人ヒーリング...30分
4
,000円/50分6,000円

☆ユピテル ジョージさん
(プラネットセラピー)
西洋占星術をベースにして、アロマテラピー、クリスタルヒーリング、カラーセラピーなどを使いながら、あなたに特別な癒しの時間を提供します。
占星術から分かる結果をただ一方的に伝えるのではなく、対話のなかであなたの人生のドラマに大いなる気付きと勇気をもたらす魔法の時間。
あなたの過去現在未来が星の象徴を通じてキラキラと現れます!

個人セッション
22分2,700円
44分4,900円
http://www.ondorinohane.com/
(HPからご予約ができます。)

☆江坂 純子さん(じゅんじゅん)
(パーソナルブレンドハーブティーセラピー)
今のあなたに必要なハーブのエネルギーを感じながら、あなたのためだけにハーブティーをブレンドします。
そして愛あふれるハーブたちからのメッセージを、ハーブの伝言としてお届けします。

パーソナルブレンドハーブティー80g…2,500円
ハーブの伝言つき(後日郵送)…4,080円
後日電話セッションつき…5,000円


事前ご予約受付中です。
http://herbhealing.info
jun-jun@herbhealing.info

☆絢乃さん
(カラーカウンセラー・パワーストーンデザイナー)
12色のCAMESカラーカードを使って、「あなたの個性」「今年のバイオリズム」「現在の心理状況」を分析し、今のあなたが必要とする色を見つけます。
自分自身と向き合い、未来の願望を導き出してゆくお手伝いをいたします♪
癒しフェスタ特別価格
30分3,000円 /60分6,000円
※パワーストーンブレスの作成も行っております。
お気軽にお尋ねください♪

☆豊福 良太さん
3in1(スリーインワン)
筋反射を使って体に残った過去のトラウマ
を見つけ出し、心の傷を癒すことで今の感情を解放します。自分らしさを取り戻したい
あなたに。
癒しフェスタ特別コース 60分 5,000円
ご予約はメールにて。
3@toyofukuryota.jp

☆天海 雫さん
(ヒーリング&カウン
セリング)
日常活の中で固まってしまったあなたの心の
コリをほぐします。
喫茶店にフラッと立ち寄る感じでお気軽にお越しください☆
30分2,000円

☆有賀 愈高(ありがまさたか)さん
(経絡つなぎ&セラピー)
機械を使って体に問いかけるセラピーです。
あなたの軸を乱す要素は一体何でしょうか。これを機に、あなた本来の働きを調整し、心の解放を促してみませんか。
・花粉症セラピー…数回の施術で改善する人が非常に多いセラピーです。毎年お悩みの方は是非!
・コリ痛みセラピー…肩こりや痛みなどをお持ちの方。他にはない無痛無圧力の微弱電流による施術です!
・スターライトセ
ラピー…自分の軸を調整するオリジナルセラピー。機械であなたの体に問いか
けます。
各々30分3,000円

☆鳥生こうじさん
(名前のことだま師)
『氏名』は『使命』
名前の音からわかる、あなたが生まれて来た理由をひも解きます。

あなたの『名前のことだま』を知って、毎日に活かしまし
ょう。
より力強く、幸せに生きることが出来る…と多くの人々が共感し、喜ばれています。
名前のことだま鑑定…30分2,000円
鑑定書付(郵送)…4,000円
※詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www15.plala.or.jp/kamikoubou/315/315.html

☆大安ケイコさん
(恋愛・結婚カウンセラー)

ズバリ今「結婚」したいあなたへ、特別なメッセージをお伝えしていきます。
女性限定!

恋愛カウンセリング…20分3,000円

事前予約はinfo@2525kekkon.com まで。

大安ケイコ
「恋愛・結婚出会いのバイブル」、「ハピ婚!」、
「あなたも彼も幸せになれるHAPPY婚メソッド」の著者。
結婚相談所・ハピ婚相談所を経営。結婚へと結びつく独自のノウハウが、
雑誌、ラジオ、テレビにて取材される超人気恋愛・結婚カウンセラー。
この5年間に開催したワークショップ参加者で、結婚した方は80人を超える。

ブログ:大安ケイコのハッピーオーラでいこう!
http://ameblo.jp/hapikon/

☆沙織さん
(まつ毛エクステ)
シルクの毛を使った自然な仕上がり。素っぴんでもメイクしているかのような目力!
春の風をまぶたで感じられる…そんなエクステを試してみませんか?
両目60本(30分)…3,000円
+10本毎…1,000円

★幸せオーラメイク&エステの体感コーナー★

☆美人オーラメイク...1,000円
☆開運眉カット...1,000円

☆ヘアーアレンジ...1,000円
☆フェイシャルスパ スペシャル.
3,000円
☆肩リンパ集中ケア...2,000円

美白小顔泥パック+マツゲカール...3,500円
☆美白小顔泥パック...2,000円

☆栄養管理士による
体内栄養チェック&カウンセリングコーナー...500円


※出展される方の変更、追加が
ある場合がございますので、

随時
ホームページでお知らせいたします。
http://www.onlyonenet.jp/


出展にご興味ある方は、slimmacho@gmail.com までご連絡ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★春の癒しフェスタ★

【日付】4月11日(日)
【時間】13:30~20:00
※終了後会場近くで出展者との交流会をいたします。(実費)
お時間のある方は、是非ご参加ください(*^_^*)
【会場】上北沢区民センター
【住所】世田谷区上北沢3-8-9

【電話】03-3290-3701
【交通】京王線 上北沢駅南口(徒歩3分)
【参加費】500円(
お茶、お菓子付き)
 
【会場までの地図】

%E7%99%92%E3%81%97%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF.jpg
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

煌めくあなたを想像しつつ、

当日会場でお会い出来るのを
楽しみにしています(*^_^*)♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Apr03

コンプレックスは大切

自分のどこかが他の人に比べて劣っていると思ったり
人と自分とは違うんだという気持ち。
 
そうしたものを抱いているときって
結構辛い時期だと思うんです。
 
でもそういう悩む時期っていうのは
自分の軸を作る時期でもあるのではないかと
思います。
 
他の人が何も気にせずスルーできる部分を
見逃せずにこだわってしまう時っていうのは
そこに自分が大切にしたい価値観が
あるからなのでは。
 
そう考えると
そうしたコンプレックスって
自分自身の「軸」を作る上で
とっても大切ではないかと思います。
 
逆にそうしたものがないと
なかなか
自分のことを知る機会というのも
少ないとうこともあるのです。
 
コンプレックスって
大切です。

Apr05

わからないことの大切さ

今の時代は情報化社会が到来して
グーグルで検索すれば
おおよそ知りたいことはものの20,30分すれば
知ることの出来る時代になりました。 
 
それだけではなく
メールやブログはもちろん
MIXIやtwitterなど
それぞれが思い思いに
情報を発信できる時代だからこそ
 
この社会には沢山の「答え」が
あふれています。
 
そんな「答え」の中には
とても役に立つ答えもあれば
自分が求めているものとは正反対の
答えもあるでしょう。
  
今の時代
ちょっと検索すれば、必要な情報は
いつでもどこでも手に入ります。
 
しかし、ここで大切なのは
様々な「答え」を前にして
改めて一番考えなければならないものは
 
「問いかけ」あるいは
「質問」は一つであるということ。

例えば、
 
人生とは一冊の書物のようなものである。
人生とは人間の幸せを攻究する活動である。
人生とは死ぬこととみたり。
人生とはゲームである。
人生とはスピリチャルな旅である。
人生とは無意味なものである。
  
という「答え」があったとしましょう。
 
他にもあなただけにとっての
人生とは○○である。
 
という「答え」があるのではと
思います。
 
しかしここで忘れてはいけないこと、
 
それはこれらの答えに対する「質問」は
これら無数にある答えと対照的に
ただ一つの問いかけである
「人生とは何か?」というものしか
ないということです。
 
「問いかけ」というのは
つまりは身も蓋もない言葉で言うと
 
「分からない」ということです。
 
「分からない」とは
「答え」を持っている状態とは
正反対な状態。
 
不安で、オドオドして
時にはバカにされるかもしれないし
時には「答え」を知っていると信じる
盲信的な人々に一方的にそれを
「押しつけられる」という
苦痛を味わうこともあるかもしれません。
  
しかしながらここで大切なのは
 
この世界の中の無数の「答え」は
ただ一つの「問いかけ」から
「分からない」ということから生まれるということ。
  
翻ってかんがえてみるに
これだけの沢山の答えがあふれる時代に
 
本当に私たちにとって
大切なものっていったい何なのでしょうか。
 
それはきっと
「分からない」ということを
尊重する気持ちなのではないかと
思うのです。
 
尊重するとは
尊び、重んじるということ。
 
「分からない」ということに
ふたをしないこと
 
むしろ「分からない」状態が
無限の「答え」を生み出す
源であり
 
そこから初めて「問いかける」
ことができるということを
私たちは忘れてはいけないとおもいます。
 
1/1000の「答え」に満足するよりも
唯一の「問いかけ」
つまりは「わからなさ」を
受け入れることの方が
とても大切ではないかと思うのです。
 
ところで、この肝心な「問いかけ」は
ネット上にある無数の「答え」と違って
グーグルで探しても出てきません。
 
そう、「問いかけ」は
唯一あなたの心の内側にしか
存在しないのです。
 
そして「問いかける」こと
そして「分からない」ということは
 
紛れもない
この世界であなたが唯一の存在である
ということを保証するあなたの
大切な要素。
 
1億個の答えを持っていることよりも
唯一の「問いかけ」を胸に秘めている
ことのほうがどれだけ人間的でしょうか。
 
電子辞書も、インターネットも
どんな書籍も
あなたに無数の答えをもたらすことはあれど
 
本当の「問いかけ」は
あなたの心の内側にしか
ないものなのでは
ないでしょうか。
 
そう考えると分からないってことは
とても大切なことだと
思うのです。

Apr06

重荷に感じる期待/心が軽くなる期待

今日は他者への「期待」についてのお話。
 
相手に自分にはない魅力を感じたり
自分自身の理想だと思う人に
巡り会ったとき
 
あるいは自分自身が
今後深く関わっていくであろう人との
関係性の中で
 
私たちはしばしば相手に
「期待」を寄せます。
 
それがパートナーへの思いであったり
片思いの相手への気持ちであったり
 
また子どもが生まれたとき
子どもが学校に入学したとき
 
あるいは
会社で新しい直属の部下が入ってくるとき

そんなとき
少なからず私たちは
相手に「期待」をします。
 
そう、
親は子に、彼女は彼に
先輩は後輩に
「期待」するものです。
 
さて、この「期待」ですが
その受け手の感じ方によって
2つの種類の「期待」に分けられます。
 
それが
相手が「重荷に感じる期待」と
相手の「心が軽くなる期待」の
2つ。
 
皆さんも経験があるとおもいます。
 
親や上司、先輩などに
「こうあってほしい」という期待を向けられて
それが重荷に感じる期待と
 
またその反対に
親友や、恋人、信頼する人から
相手が「自分を心から信頼してくれている」
ことが伝わり心が軽くなる期待。
  
いったいこの違いはどこにあるのでしょう?
 
そして重荷に感じる期待ではなく
心が軽くなる期待を寄せるためには
いったいどうすればいいのでしょう。
 
私はこの違いをこのように考えています。
 
それは「自分の理想を相手に投影しているか」
それとも、「相手のそのままの姿を見つめているか」
ということです。
 
相手が寄せられる期待を重荷に感じるときは
しばしば、期待する側の「理想像」を
その人の本当の姿とは関係なく
一方的に投影されているときに
受け手は「期待」の重さを感じてしまいます。
 
またその反対に、心が軽くなる期待には
そうした期待する側の「理想像」が介入しません。
 
あくまでその人そのものの姿が
いいところ悪いところも含めて
受け入れられて、そのうえで期待されているのです。
 
寄せる期待が重荷に感じる時、
相手はその期待を裏切れないという
一種のプレッシャーを感じます。
 
そのプレッシャーから逃れるために
相手が無意識に距離を置いたり
あるいは本音が話せないということも
しばしばよくあることです。
 
逆に、寄せる期待が心が軽くなるような
ものであれば
自然に相手から心を開いてくれるでしょうし
親密な関係性、信頼できる関係性
居心地のよい関係性も
より築きやすくなります。
 
相手に重荷に感じる期待ではなく
心が軽くなる期待を寄せるために
大切なことは
 
自分の理想を投影せずに
相手のいい部分も悪い部分も含めて
信頼すること。
  
これは、恋愛や親子関係
上司部下、先輩後輩という関係においても
とても大切な視点ではないでしょうか。
 

Apr09

弱さを引き受けること 弱さを受け入れること

本屋に行けば
いろいろな成功法則本
がならんでいます。
 
出世する方法
成功する方法
愛を勝ち取る方法。
 
ネットで検索すれば
更に無数の情報がでてきます。
 
私自身もこうしたハウトゥー本は
結構好きでいつも暇があれば
なにかと読んでいます。
 
しかしながら立ち止まって
思うに
 
そうした
「強くなる方法」は
無数にあれど
 
自分の小ささや
弱さを受け入れる
ということは
 
あまり見かけません。
 
周りからの評価や
目に見える成果だけを
重んじて
 
表面的に強くあろうするだけでは
実はとても脆いのではないかと。
 
「強くなる」ことも大切だけれども
 
「弱さを受け入れる」
「弱さを引き受ける」
ということも大切ではないかと思います。
 
自分の強さを誇示する人は
無意識のうちに他者にも強くあることを
強いる、ということがあるかもしれません。
 
なぜこんなこともできないのか?
もっと頑張れ!と
他者の弱さを否定する
ということもあるかもしれません。
 
自分の弱さを受け入れる人は
他者の弱さを受け入れる
ことができるのではないかと
思うのです。
 
特に結婚や恋愛、家族関係といった
親密な人間関係において
信頼できる関係性を築く為に大切なのは
 
「強くあること」よりも
「自分の弱さを受け入れること」
という受容性の方が
大切ではないかなと思います。
 
これは私の最近の思うことですが
皆さんはいかがでしょう?

Apr10

土星の乙女座の移行

先日、4月8日は
昨年10月末から
天秤座に移動していた土星
一時的に乙女座に逆戻りするという現象が
いま天空上で生じています。
 
この天空の動き、
天文学的に捉えたら
なんてことない現象なのですが
占星術的に捉えると
ここには沢山のシンボリックな変化が
あることが読み解けます。

この土星の動きは 
昨年10月末からこの4月までの変化
そうしたものに対して一度
振り返りが行われるのと同時に
 
より長期的な意味では
乙女座に土星が滞在していた期間(2007年9月~09年10月)
までに乗り越えてきたテーマに関して
振り返るということが大きなメッセージとなっています。
 
土星が乙女座に滞在していたこの期間(2007年9月~09年10月)
この土星の働きが
各星座にもたらしていた「乗り越えるべき」テーマを列挙すると
 
牡羊座生まれ  仕事などで具体的な成果をのこしていくこと 仕事や健康における自己管理能力を高めること 
 
牡牛座生まれ  自分自身の思いを外の世界に向かって、あるいは特別な対象に向かって表現すること 自分らしく生きること
 
双子座生まれ  家族との関係性 身近な人との関係性のなかでどのように信頼関係を築くか 自分の本当の気持に気づくこと
 
蟹座生まれ  自分の想いをどのようにつたえるか 相手の立場を理解しながら自分の想いを言葉にして伝える技術を磨く 自分の世界観を広げるための新しい勉強を始める
 
獅子座生まれ  収入を得るためのスキルアップ 自分の「仕事」を手に入れるための新しいステップ パフォーマンスや演技ではない地に足のついた本当の実力を身につけること
 
乙女座生まれ 新しいスタート 自分自身を愛すること 決断すること 出発すること 過去との決別 心の愛情のコップを満杯に満たすこと 自分を愛することを通じて新しい愛のある関係性がスタートする
 
天秤座生まれ 心の内側の整理 インナーチャイルドの癒し 小さな自分を知り受け入れ大きな自分へと成長をとげる 
 
蠍座生まれ 自分を支えてくれる人脈が広がる これまでにないタイプの友人関係の広がり 志をシェアできる仲間 夢がより具体的になっていく
 
射手座生まれ 自分の想いを具体的なものとして実現させていく努力 実行・実践すること 責任を背負いながらも自分らしく生きること 自分自身のやりたかった、でもできなかったことに挑戦すること
 
山羊座生まれ 自分の立ち位置を知り、長期的な視点で今後の方向性を明確にする まったく新しい、しかしずっと出会いたかった世界との出会い 日常的なものに従事するよりも長期的な観点からより本質的な興味のあるものに対して視野をひろげていく 
 
水瓶座生まれ 大切な人との親密なやり取り 無条件の愛を授受する関係性 自分の隠されてきた様々な感情を解放していく 本音でぶつかり合いそして分かりあう関係性
 
魚座生まれ 自分とは違う価値観を持つ他者に対する理解を深めることで、世界がどんどん広がっていく 他者に投影していた自分の影の部分を自分のものとして受け入れる 相手の姿を主観ではなく客観的にに見つめることを学ぶ

 
2007年9月~09年10月の間
ずっと向かい合ってきたそれぞれのこうしたテーマに関して

ああ2年間かけて改めて乗り越えてきたなと
これが2010年4月8日から6月6日の約2か月間
自分自身の成長を実感することが増えていきそうです。
 
そういった意味で
この4月から6月の間は
 
昨年までの2年間ずっと戦い続けてきた
乗り越えようと努力してきたテーマに関して
 
最後の卒業テストみたいな雰囲気が
でてくるのではないかと思います。
 
でも、大丈夫なんです。
 
この2か月間というのは
もうすでに貴方自身がほとんど乗り越えてきていることしか
起きません。
 
おお、きたな。
 
よし、いっちょやってやるか!
 
みたいなこころの余裕が
既にそのテーマに関しては
得られているのではないかと
思うのです。
 
他にも占星術的に見た時に
この6月は、天王星と木星の牡羊座移行や
8月にはカーディナルクライマックスという未曽有の
星の配置が形成されます。
 
これはひとことでいうと
すごく派手な変化。
 
社会全体の枠組みも
大いに変化していくという
徴なのですよね。

 
そういった意味でも、この土星の乙女座還りは
私たちの心の準備をさせてくれる
ひとつの大切なポイントになっているのではと
思っています。

 

Apr12

癒しフェスタありがとうございました!

本日の癒しフェスタおかげさまで
満員御礼でした!
 
本日お越しくださった皆様、
改めてありがとうございました。
 
最近はブログのほうも
いつも読んでくださっている
という感想をよくいただき
励みにさせていただいています。
 
個人セッションに、ワークショップに
そして癒しフェスタなどのイベント、
そしてそしてブログや占いの執筆などに
ますます精を出していきたいと思います。
 
いつもありがとうございます。
 
愛と感謝を込めて。

Apr13

困難を乗り越えてきた人の話が胸を打つ理由

経験に根ざした話には
説得力があります。
 
またそうした話には
不思議に語り手からの
愛情を感じますし
一言一言が
胸に響きます。
 
逆に頭で考えて
出した「答え」は
頭で理解できても
不思議にそこに対する
聞き手の共感というのは
生まれにくいものです。
 
こうした種のお話は
どうしても薄っぺらなものに
聞こえてしまいます。
 
前者と後者
もし同じ内容を話していたとしても
伝わるものは
まったく別次元のものです。
 
それでは、なぜ
前者と後者の語り手の話が
聞き手の受け取り方に
このような違いを生むのでしょうか。
 
なぜ、前者の経験に根ざした話が
温かいものを感じるのに
後者の頭で考えた話が
うすっぺらいものに感じるのでしょう。
 
これはきっと前者の「語り手」が 
困難の中で自分自身のつらい経験を
「受け入れてきた」からだと思うのです。
  
だから「聞き手」の
上手くいかないことも
失敗や中途半端な姿も
語り手は
自分のことのように
「受け入れる」ことができる。
  
前者の語り手の話の中で
聞き手が感じる安心感って
そういう「受容されている」という
感覚ではないでしょうか。
 
逆に後者の語り手の場合は
どうでしょう。
 
しばしば頭で考えて「正解」を出した
話し手は
自分の語る「正解」を
聞き手に強います。
  
これでは聞き手が
「受け入れられていない」
感覚を持つのは当たり前と
いえば当たり前のことでしょう。
 
「正解」あるいは「正論」
そこには受容的な関係性が
成り立ちにくいのです。
 
そう考えると
「人の心を動かすもの」って
 
「正解」
  
じゃないと思うんですよね。
 
きっと語り手が人生の中で
 
「何を受け入れてきたか」 
 
というところにあるんじゃないかと。
 
聞き手はこうしたところからも
自然に話し手のメッセージを
受け取っているのです。 
 
この世の中には
受け入れがたいことがたくさんあります。
 
しかし「正解」を出すことよりも
そこでそれらをどのように
「受け入れて」いくのかということも
とても大切な要素ではないかと思うのです。
 
日常の中で生じる様々な
不条理を前にして
「正論」を叫ぶことも大切ですが
 
しかし一度呼吸をおいて
それを「受け入れる」ということも
 
それと同じ、あるいは
それ以上に大切なものではないかとも
思います。 
 

本日は新月です!

さて、本日は新月!
 
新月といえばこのブログでは
もうおなじみ新月の願い事です。
  
叶えたい願い事を
10個過去形で書き出すことで
月の力がその夢の実現を強力にサポートしてくれます。
 
特に今回は12星座の始まりである
牡羊座での新月なので
 
何かを新しく始めるのには
GOOD TIMING!!な日取りです。
 
是非、新月の魔法を味方にして
あなたの人生にポジティブな変化を
起こしてくださいね。

Apr15

心の声を聴く時間

私たちはいま日常的に
様々なメディアを通じて
たくさんの情報を知らず知らずのうちに
キャッチしています。
 
様々な情報に囲まれていると
物事の多面的な価値を発見できたり
自分の知らなかった世界との出会いも
自然に増えていきます。
 
しかしその一方で
しばしばそうした情報に囲まれる生活を
送っていると見えにくくなってしまうもの
 
それはもしかすると
自分自身の自然な心の声
だったりするかもしれません。
 
たくさんの情報があふれる今だからこそ
 
一日の終わりに
あえてそうした情報から離れて
「自分自身の心の声を聴く時間」
ということを意識してみるのはいかがでしょうか。
 
さて、こうしたときには
上手に情報をシャットアウトとする方法として
 
「視覚情報」を一時的にシャットダウンするために
意識的に「自然な暗闇」を使うことがお勧め。
 
ニュース、新聞、テレビ、
ブログ、mixiやtwitter

私たちの身の回りにある情報のほとんどが
「視覚」を通じてやってきます。
 
高度情報化社会の中では
しばしば私たちは「視覚」を通じて
情報と接触する機会が多いのです。
 
自分の心の声を聞くよい習慣としては
一日の終わりに
こうした「視覚」を通じてやってくる
情報から離れて
 
敢えて蛍光灯やパソコンのディスプレイなどの
人工的な光と離れて
 
「自然な暗闇」がある空間に身を置き
 
日頃意識しない「視覚」以外の
感覚に意識を向けてみるのです。
 
たとえば、
お風呂の中で電気を消して
アロマキャンドルだけを灯して
ゆったりとくつろぐというのも
いいでしょう。
 
家に帰ってからは部屋では
蛍光灯の明かりを消して
柔らかい白熱球の間接照明の光と
穏やかな音楽で
リラックスしてみるというのも
いいと思います。
 
そうして敢えて
「視覚」を離れ
日頃の生活の中に「自然な暗闇」を取り入れることで
 
自然に自分の心の声も
聴きやすくなってきます。
 
情報が洪水のように溢れる現代だからこそ
たまにはそうした「自然な暗闇」のなかで
「自分の心を取り戻す」時間も
大切にしたいものです。

Apr16

最先端の知に触れる2日間

明日、明後日は
昨年の鏡リュウジさん主宰の
ロンドン占星術ツアーに参加したときに

特別講座を受講させていただいた
マギーハイド氏と
ジェフリーコーネリアス博士の
来日特別講座に出席してきます。
 
イギリスの占星術の
最先端を知ることのできる滅多にない機会なので
とても楽しみです。
 
折しも、昨年9月のロンドンツアーの時には
土星と天王星がちょうど天空上で
180度の角度(オポジション)をとり
 
英国占星術協会の年次カンファレンスでも
その象徴をどのように読み説くのか
ということに関する話題でもちきりでしたが 
 
この4月末はまさにその土星と天王星のオポジション
が再び形成される時期で
 
そうした星の共示性からも
あこがれの土地で見聞きした
当時の貴重な経験の数々をあらためて
振り返っています。
 
明日の講座は
ロンドンの占星術団体
「カンパニー・オブ・アストロロージャーズ」
で発展してきた「最先端の研究」を
紹介する内容です。
 
明日のレジュメを読んでみると非常に
興味深い内容で
 
私たちが心理占星術を含め
日本で通常考える占星術とは全く
趣の異なるもので
 
伝統・古典的な占星術と
心理占星術などの現代的な占星術の
 
それぞれの持つ課題を
独自の視点で乗り越え
そして発展してきた
 
英国の占星術の最先端のアプローチを
知ることができる講座になっているようです。
 
天空の星空の配置も
土星でシンボライズされる伝統的な占星術と
天王星で象徴される現代占星術との
オポジション、緊張関係を象徴しているようですが
 
明日は、新しい知のあり方や
その精巧さや一種の緊張関係を体験する
貴重な経験になりそうです。
 
昨年の7月に
初めて鏡リュウジさんとお会いしたときに
 
「心理占星術を含めて
いま日本で知られている占星術は
海外の基準からすると
もうずいぶん古い占星術なんだよ。
世界の最先端では常に占星術という文化は
絶えず研究され続け、常にその認識の枠組みも
変化し続けているんだよ。」
 
という言葉が非常に印象深く
心の中に残っていたのですが
 
今回こうした形で
そうしたまだ日本で語られることのなかった「最先端の知」に
触れられるということに
大変強い喜びを感じています。

Apr20

知的興奮冷めやらず…

ジェフリーコーネリアス博士
マギーハイドさんの講座参加してきました。
 
土曜日の講座は占星術をメインに
日曜日の講座はユング心理学をメインにした
内容だったのですが
いやぁ本当に面白く
とってもエキサイティングな講座でした。
 
占星術の講座は
シンボルの持つ力を哲学的な背景から再考しながら
最先端の研究に基づいた新しいチャートの見方や
ホラリー占星術の実践的なメソッドの紹介するという
 
非常に分かりやすく
かつとても印象深い内容でした。
 
2日間の講座の中で
中心的なテーマのひとつでもあったのが
私たち占星術詩が 
「象徴」の持つ作用や働きをどのようにとらえ
そしてどのようにつきあうのか
その態度自体を問う必要があるのではないか
というもの。
 
西洋占星術の実践では
惑星や星座で表される
「象徴」というものは
事象を占う上でとても大切な要素なのですが
 
しかしながらこうした「象徴」に関して
個別的な事象に関しての
対応関係について語られることはあれど
 
そもそも「象徴」とはなにか
「象徴」が持つ働きとはいったい何なのか
という本質的な問いや
哲学的な思索が占い師自身によって
振り返られるということは
あまりありません。
 
今回の講座でもこの「象徴」の持つ働きについて

ホラリー占星術における
Locating Significance (指示象徴特定)
という技術を私たちの目の前で実演しながら

「象徴」の持つパワフルな力や
それがクライアントの
cotext(文脈)において
どのようにいきいきと語りかけ始めるかを
非常に鮮やかに解説してくださいました。
 
日本ではまだその具体的な技芸が紹介されることが
少なくあまり実践されることのなかった
ホラリー占星術を使うことで
改めて、象徴の持つ力をありありと感じることが
できる不思議な空間でした。

とにかくこの2日間は新しく学ぶことが山のようにあり
 
土曜日の講座では

・ディビネーションという概念(未来予測ではなく
神託としての占い)であったり
・カールマルクスのネイタルチャートに現れる日食
のシンボリズムについて
・私たちが知っているチャートの読み方自体は1950
年マーガレットホーンによって作られたシンセシス
メソッド(総合する技術)に由来して、それ以来こ
うしたメソッドに対する反省があまりなされていな
いうことであったり
・占星術家がホロスコープを解釈する際に経る3つ
の段階(客観的技芸・文脈・象徴的認識現実化)
・文脈・コンテテクストに寄り添う必要性
・ホラリーのチャートのアクティビティについて
・オーギュレーションとしてのホラリーについて
・ジェフリーコーネリアス博士マギーハイド女史両
氏のもっとも印象深いホラリーリーディングの事例
 
であったりとか、 
 
また日曜日の講座では
・啓蒙主義以降のコスモロジーの変化や、その中で
どのように占星術や占いが生き延びてきたのか
・心理占星術のようにしばしば占いが現代心理学を
援用することが多いが、しかしもっと重要なのは啓
蒙主義以降・「深層心理学そのものが変装した占い」
であったとの指摘
ドイツの精神分析家のフォークトによる
「後ろ向きに占う」(占いを使って患者の過去をみ
ていく)という興味深い用語であったり
・19世紀の末、当時勃興し始めた精神医学に関わっ
ていた先人たちはメスメリズムや奇怪に現象に並々
ならぬ興味を引かれていたことあまりふれられるこ
とがないことであったり
・スペンスのフロイト解釈・シンボルに対する解釈
(精神分析は、その手法が中世のシグニチャーで考
える手法をのとったもので、精神分析の議論の広が
りは近代を中世に引き戻してしまう)に対するマギ
ーさんによる批判
・ユングのレッドブック(赤の本)に関するマギー
さん自身のシンクロニシティ体験の話
 
などなど、、、

とにかく語り出すときりがないのですが
 
久しぶりに、「知的な興奮」が冷めやらない
2日間になったのでした。
 
今回は、両日とも100人規模の講座で
全国から著名な方も含め数多くの占星術家の
方がいらっしゃっていたので
 
ロンドン旅行でご一緒した方々や
ずっとお会いしたかった占星術家の方
数年ぶりにお会いする先生方ともお会いする
ことができて
非常に収穫の多い2日間になりました。 
  
まだまだ興奮さめやらぬまま
この貴重な2日間の思い出を
ザッと振り返ってみました。
 
いやはやまだまだ勉強することがたくさん!!

本当に、先週末は大いに刺激をうけました。


Apr25

サイキックとスピリチャルの違い

最近よく考えるのが、
サイキックとスピリチャルの違いについて。
 
2つとも似ているように見えますが
実はその性質は全く違うものです。
 
江原さんの「オーラの泉」で火がついた
いわゆるスピリチャルブームの中で
(最近はそのブームも以前に比べて下火になりましたが)
 
しばしば誤解されているのが
オーラが見える、霊視ができる、
といったことが「スピリチャル」
だと思われているという点。
 
これはあくまで「サイキック(超能力)」の一種であって
決して本来的な人生に対する
「スピリチャル」な姿勢とは
あまり関係はありません。
 
スピリチャルという概念の本質は
そうした「(現実に存在するかどうかは別にして)
超感覚的な世界に関して知識あるか
そうしたものを感受する能力があるかどうか」などではなく
 
むしろもっと現実に根ざした
「生きるとは何か?」
という問いがとても大切ではないかと
思うのです。
  
サイキックとスピリチャルという概念は
しばしば混同されます。
 
そしてしばしば
サイキックな力を使う人も
ここを混同しています。
 
あくまでサイキックな力は
(オーラを見たり、チャネリングをしたり、ヒーリングをしたり)
サイキックであって、
 
それそのものはスピリチャルな姿勢とは
何の関係もないということ。
 
それでは一体スピリチャルとは何か?
 
それは、「生きるとは何か?」
という問いを
忠実に生きることではないかと思うのです。
 
しかしながら、
これに対する答えは、きっと残念ながら
一生、出ないでしょう。
  
でも、以前このブログでも書きましたが
私たちの人生の中で答えを出すことだけが
全てではありません。
 
人生に対して
問いを立てる
そして
その問いを胸に
迷いながら生きる。
 
これも立派な
スピリチャルな生き方だと思うのです。
 
そこにサイキックな力は
かならずしも必要がない
むしろそこを曇らせてしまうことだって
あることを
念頭に置いておかなければならないと思うのです。

Apr26

5月16日(日) 恋愛ワークショップ開催

来る5月16日(日)に恋愛ワークショップを開催いたします!
 
今回のテーマは恋愛における「相性」。
 
「相性」がいいっていったいどういうことなのか?
 
そして自分にとっての「相性」がいい
恋人はいったいどのような人なのか?
 
ということを考えていただく内容になっています。
 
今回準備しているワークでは
 
いくつかの質問に答えていくことで
自分のもつ性格を客観的に見つめることがで
 
いったい自分にとって
どのような恋人がぴったりなのかということが
導き出されるという
面白いワークになっています。
 
本日より受付開始です!
 
是非ふるってご参加下さい!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               自分のこころの内側を見ることで
     あなたにピッタリの恋人が分かる方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
■講座概要

・開催日時 2010年5月16日(日)14:15-16:45
・場所 スター研修センター目黒 207号室
    アクセス: JR山手線・都営三田線・東急目黒線・東京メトロ南北線『目黒駅』
西口 徒歩2分 住所:153-0064 東京都目黒区下目黒1丁目1番3号 
・料金 5000円
・定員 20名  (本ワークショップは女性限定の講座となります)

今回のワークショップのポイント
  
・ご自身のこころの傾向性を読み解くことであなたの「理想の恋人像」について考え
ていただきます。
・自分自身では客観視しにくいご自分の恋愛観・愛情観がいくつかのワークを通じて
浮き彫りになります。
  
今回のワークショップは次のような方にオススメの内容です。
  
・恋愛で自分にあう人がどのような人なのかを知りたい。
・自分の恋愛の傾向性を客観的に知りたい。
・心の深いつながりや安心感を感じる恋人と出会いたい。

■応募方法およびワークショップの詳細はこちらの専用サイトからご覧下さい。
5月16日(日)恋愛ワークショップ専用サイト

Apr28

本日は満月です。

本日は満月です。

今回の満月はさそり座で起こります。

満月ということは、
丁度太陽と月が真反対の位置
(これを占星術ではオポジションというのですが)

今回の満月は
月がさそり座
太陽が牡牛座にあります。

占星術のシンボルでは
牡牛座は目に見える豊かさを
そしてさそり座は
豊かさを分かち合う関係性と言う
目に見えない豊かさを表します。

こうしたシンボリズムから読み解く
今回の満月は
自分が持っている豊かさを
他者との関係性の中で分かち合うことで

目に見えない豊かさを受け取り
与え合うとい風にも
読み解けます。

さて、満月の夜には
自分が今手放したいものを
10個
「私は‥‥を手放しました。」

と過去形で紙に書くことで
それを手放しやすくするように
月の力が働きかけてくれるといわれています。

さぁ、今宵はどんな
手放しをしましょうか?



信頼関係と委ねること

自分自身を相手に委ねる

そのためには、自分の弱さ
できない事
一人の限界を認めるという事が大切です。

これは視点を変えると
自分の弱さを受け入れる事を通じて

初めてそこを補ってくれる
サポートがあなたに届くという事。

委ねるという事は
自分ができない事を認め
受け入れると言うことでもあります。

といっても、
人には必ず長所と短所があります。


そう自分の弱さと同じくらい
あなたには強みがあるのです。

そしてそれはきっと
他の人の苦手な領域を補うのだと思います。

互いに委ねあえる関係性
それを信頼関係と
呼ぶのかもしれません。

自分らしさや自己実現という言葉に囚われすぎないこと

なりたい自分になる
本当の自分でありたい
自己実現的に生きて行きたい

そう強く願うことは
人生を創造的に生きる上で
とても大切な要素だとおもいます。

しかし一方で私が最近思うのが
本当の自分でありたい
自己実現したい
という気持ちに縛られてしまっては

それによっても精神的な強いストレスや
今の自分ではダメだといった
自己否定にもつながってしまうという事も
しばしばよくあります。

そもそも「本当の自分」って
なんでしょう?

それは人生を生きて行く上で
ゆっくりと見えてくるものだと思うのです。

だから、自己実現や
本当の自分になるということも
焦って取り組むこともないと思います。

それはゆっくりと時間をかけて
気づかない間になされて行く
そうした性質もあるかと思うのです。

もし自己実現や自分らしさ
というキーワードに縛られていると感じたら

自己実現しなくても
自分らしくなくても

自分は自分でいいんだよと
つぶやいてあげるのも
大切かなと。

当たり前のことですが
本来一人の人間を成り立たせているものは
自己実現という考え方だけに
収まりきるものではありません。

自己実現や自分らしさという
キーワードが
喧伝される時代だからこそ

時にはなんでもない
自分をうけいれるということも
大切だと思うのです。


Apr29

複雑なものを複雑なものとして受け入れる感性

アブラハブ=マズローの5段階欲求説
ユング心理学のシャドウという概念など
人間心理を非常にシンプルな概念で説明する枠組みは
その分かりやすさと完結さで
多くの人にいま受け入れられています。

特に最近は出版不況の中
自己啓発関係の書籍が群を抜いて
数多く出版されているという事実からも
こうした心理学概念の商業化
は非常に顕著だといえるでしょう。

これも世の中が不安定化し
よりどころとなる既存の確かな価値観が
崩れ去っているということも
その背景にあるのだとおもいます。

しかしながら一方で
こうした極端に
物事をシンプルにしてしまう概念には
わたし達はより
繊細に向かい合う必要もあるのではないかと思うのです。

あらゆる学説は、あくまで仮説であるということを忘れてはいけませんし
そもそも
人間のこころというのは
そうした概念に内包されるほど
単純なものではありません。

これは占星術の枠組みに関しても言えることで(もちろん占星術は決して心理学のような正当な意味での学問でも、また科学ではありませんが)

占星術師もクライアントの心を理解する上で
決して星が全てではないということも
肝に銘じておく必要があるということ。

人間の心いう
非情に複雑で
しばしば当の本人である自分自身さえ理解しにくい
対象を安易な理論で理解できると思わずに

わからないものをわからないものとして
複雑なものを複雑なものとして
認めて行く
そうした繊細な感性も
とても大切ではないかと思うのです。

便利で手軽な
ジャンクフードのように
あまりにもシンプルにされた概念でひとの心を
理解した気にならずに
(しばしばそうした概念で人を裁くということも行われがちで、そういう話を聞くたびにため息がでますが、)

人間の心という
そのわからなさと向かい合うこと
その複雑さと向かい合うことを
忘れてはいけないと思うのです。


NOT FOR SALEと朝会!

今日はメンズ占い師ユニット
NOT FOR SALEのメンバーとともに
朝から勉強会!

占い以外の話にも議論は広がり
非常に面白い会でした。

やはり皆それぞれの
スタンスや考え方があって
議論を深めるに従って
世界観が広がってきます。

これからも継続して
続けて行くことになり
非常に面白い活動になりそうです。

こうしたところからも
日々色々学んで行きます。

しかしNOT FOR SALE面白い!

夢を諦めないこと

夢を叶える秘訣は?

というと
ものすごく端的にいうと

諦めないこと
なんだと思います。

諦めない限り、
夢は夢であり続け
そして夢を叶える
そのプロセスの最中にあると
言えるのだと思います。

これって
意外な真理をついているようでいて
よく考えれば当たり前のことなんですね。

だって諦めない限り
いまの自分は
常に夢の実現に向かう
中途なのだから。

自分でピリオドを打たないかぎり
夢に終わりはないのだから。

自分の夢に対する
欲望が無くなるか
あるいは形を変えない限り

諦めなければ
夢は叶う。

ある意味では
法則でもなんでもなくて
一種の根性論だともいえるのかもしれない。

たしかに必要なのは根性だなんて、
全然スマートではありません。

でも安直な「法則」や「技術論」よりも
諦めないという
一種の信念は
夢を叶える上で
最終的に大切になるのではないかと思います。


「可能性」について

一人の人間の中にある可能性って
一体どの位のものがあるのでしょうか?

それは突き詰めて考えてみると、
結局のところよく分からないものだと
いえるかもしれません。

何故なら可能性は
それが分かってしまって結論付けられた段階で
もはや可能性ではなくなるからです。

しかし一方で
考え方を変えてみると

それだけよくわからないものが
いま自分という存在を通じて
ここにあるということに
ワクワクしませんか。

可能性があるということは
同時に予測不可能である
ということでもあります。

逆もまた真なりで
わたしたちのコアは
本来そうした
予測不可能性に満ちているのだとおもいます。

恋愛を通じて見えてくる自分
仕事を通じて形成される自分。

常に私達は
新しい自分
自分らしい自分に出合います。

そのストーリーには
終わりはありません。

だからこそ
自分らしさという小さな枠に
囚われることなく

予測不可能性に満ちた
私達のコアに
心を開いておくことも
大切ではないかと
私は思います。

自分のことを知ったつもりにないために
改めて自分の持つ「未知」
に意識を向けて見ることも大切ではないでしょうか。

そうすることで
自分のことが
また一段と好きになりやすくなるのではないかと思うのです。


自然な流れに身を任せること

人生の中で生じる
ダイナミックな変化に対応するために大切なことは
流れに逆らわないこと。

自分の力だけで進むのが
人生ではありません。

時には、自分の力を超えた
大きな流れに
上手に乗って行くことが大切。

この時に大切なことは
自分の直感を信じること。

そして自分が辿り付きたい
最終ゴールを自分の心の内側に描いていること。

身の回りの環境の全てを
コントロールしようとするよりも

時には流れに沿って
柔軟に
状況の変化に対応して行くということも大切です。

あなたの心の声に従って
あなたが進んで行きたい方向に
船を進ませていきませんか?


恋愛ワークショップお申し込み受付中!

5月16日(日)恋愛ワークショップお申し込み受付中です!
http://www.ondorinohane.com/workshop.php
  
恋愛というのはひとつのジグソーパズルのようなものです。

もしジグソーパズルのピースが「完璧」な凹凸の無い四角形だとしたらどうでしょう?一見すぐにパートナーというパズルが出来上がるように見えます。しかし、風が吹けばそれらの2つのピースはバラバラになってしまうでしょう。それでは恋人との絆は生まれないのです。
 
人間ですから実際にはそうありえないのですが完璧で理想的な人間同士という関係をもとめればもとめるほど、あるいは、そういった関係を互いに強いれば強いるほどじつはこうした凹凸のない真四角なパズルのピースのようにどこかそこには危うい部分が出てくるのです。むしろ駄目な部分を受け入れ凹凸の全てを受容したときに互いのピースが組み合わされてそこに揺るがない絆が生まれるのです。
 
本当は人間である以上皆凹凸のあるパズルのピースです。そしてそうした違う人間が出会う最小単位の関係性がパートナーシップ。きっと、「完璧なパートナーシップ」というのはどこにも存在しないのでしょう。いろいろなパートナーシップの形があるしいろいろな幸せの形がある。しかし大切なことはそのパートナーシップを持つ二人のそれぞれは凹凸をもった一人の人間であり
そしてお互いに支えあう関係性がパートナー同士の絆になるということ。
 
そのためには互いの凹凸を認めあっていくこと。そしてなによりももしあなたが自分の凹を認めてられないならあるいは完璧な凸や、真四角のピースであることを望んでいるのだとしたら、まずは貴方自身が自分の凹凸を認めて、  自分のありのままの姿を受け入れてあげること。そうすると自分にとっての理想のパートナー凹凸が見えてくるはずです。
 
そうすれば互いに真四角でなければならない完璧なピースでなければならないといったような緊張感もほぐれてきますし自然に、恋人との関係性もより絆の深い関係性互いに支えあえる関係性(互いの凹凸を認められる親密な距離感)へと変化して行くと思います。
 

5月16日(日)恋愛ワークショップの詳細はこちら

探し物を見つけるために

何か探し物はありますか?

自分にとって大切だった
でも気づいた時には
何故か傍になくなっていたようなもの。

もしかすると
気づかない間に
ものの見方が変わったのかもしれません、

あるいは
気づかぬうちに別のことに
気を取られて知らない間に
それを見ないようにしていたのかもしれません。

しかし探し物は
あなたのすぐ傍にあるのだと思うのです。

いまも変わらずあなたのすぐ傍に
あるのだと思うのです。

振り返ること
見つめ直すこと
探し求めること

そうしているうちに
昔のあの時の様な

ゆったりとした
まなざしを取り戻し

それが決して遠くのものには
なっていなかったということを
感じるかもしれません。

そうして過去へのやさしいまなざしを
今改めて
思い出すということも

きっとあなたの探し物を
見つけるためには
とても大切なことかも知れません。

Apr30

新しい試み

どうも、ユピテルです!

満月の昨日から新しい試みを
始めました。

お気付きの方もいらっしゃると思うのですが
昨日は3件、そして今日は8件と
ブログの記事を一日複数
書いてみました。

実は最近iPhoneを使い始めて
場所の制限に縛られずに
自分の思いやコラムを書けるように
なったので

以前よりもさらに自由に
ブログをかける様になったという背景があります。

いつも読んでいるブログが
更新されていると嬉しいですよね。

私も他にたくさんのブログを
読んでいることもあり
更新されている!という嬉しさを
他の方の記事を読んでいても
よく感じる訳です。

そして満月の一昨日
そうだiPhoneを上手に使えば
もっと自由に表現ができるぞ!
と思いたち

ちょっと嬉しくなって
いつもより饒舌に(笑)
たくさんの記事を投稿しました。

しかし場所に縛られずに
文章をかけるということは
実に素晴らしいことです。

これからも
さらに愛を込めて
ブログを執筆してまいります。

また週刊占いの方も
先々週から
いつもよりも文量を多めに
書き始めました。

不思議なことに
文章量を増やすだけでも
かなり伝わるものが違ってきますね。

ますます面白い
そして心があったかくなる
メッセージを愛と情熱を込めて
書いて行こうと思います

いよいよ明日は4月最終日。

みなさんにとっても素敵な一日になりますように。

愛と感謝を込めて。

休むことの大切さ

気持ちを休めること
ゆっくりとリラックスすること
時には無駄なこと、役に立たないことをしてみるという事も
とても大切。

何かに行き詰ってしまったら
深呼吸をして
身体中に酸素をめぐらせてみてはいかが。

「行き詰った」時って
身体的な感覚でいうと
「息詰まって」しまっているとも
いえるかも知れません。

息が詰まっているのなら
まずは深ーい呼吸をして見ること。

そうすると
呼吸が整って
生き返ります。

そう、息返るのです。

なんだか駄洒落ばっかりですね。

失礼しました。(汗



将来に備えておく2つのこと

どんなことがあっても
心が揺るがないために
日頃から準備しておくといいもの。

まずは自分自身の将来に対する前向きな期待感。

自分自身が望むもの、手に入れたいものを
明確にして、それを手に入れた時の充足感や
達成感をイメージしワクワクすること。

そして、もうひとつは感情的なリラックス。

いま自分が持っている恐れや不安に
蓋をせずにありのまま受け入れ解放すること。

ワクワク感とリラックスが
心の内側にあれば
どんな荒波も恐れることはありません。

ここの内側にこの2つの備えがあれば、
どんなピンチも恐れず乗り越えて行くことができます。


思い込みを手放す。

私達は思い込みを手放すことで
新しい可能性に心を開き
より創造的な生き方が出来るようになります。

しかしながらこの思い込みに気づき
それを手放すということは
なかなか難しいものです。

では、なぜ思い込みを客観視し
そしてそれを手放すのが難しいのでしょうか。

それは私たちがしばしば
「変化を恐れる」
ということがあげられます。

「思い込み」を持つことには
実は大きなメリットがあるのです。

それはこの変化することへの
恐れや不安を直視することから
「思い込み」が守ってくれている
という側面があるのです。

思い込みというのは、それ以上考えないようにする
ということです。

私たちが何かを恐れる時
一番それを遠ざける方法は
それを考えないということです。

そしてしばしば
私達はそうした恐れを
考えないようにするために
「思い込み」をするようになります。

しかしながら一方で、
「思い込み」によってフタをした
変化することへの不安や恐れといった感情は

それを直視し
受け入れない限り、
そこに留まり続けてしまいます。

思い込みを解放するということは
こうした意味において

その思い込みによって見ないようにしてきた
不安や恐れといった感情を
受け入れ解放することが必要になるのです。