Jun07

「自分らしさ」を認めること

「自分らしさ」を認めること。

このテーマについて考える時に、大事なことは、

しばしば、
「目標を達成しなければ、自分らしくない」
「頑張らなければ、自分らしくない」
「努力しなければ、自分らしくない」
「強くなくては、ダメなんだ」
「人を喜ばせなくては、ダメなんだ」

という「駆り立てる気持ち」が、
むしろ「自分らしさ」を受け入れて、
幸せに生きることへの障害になること。
 
こうした「駆り立てる気持ち」を持っていると、
いつまでたっても、「自分らしさ」に到達した
という安心感や充足感を手に入れることができません。

周りから見たら十分結果を出していたり、
実力や魅力があって、幸せを受け取れるはずなのに、
本人にとっては、まだまだその努力が不十分だから、
幸せを受け取ってはいけないと、
豊かさを受け取ることを制限してしまうのです。
 
たとえば、どれだけ大きな成果を出したとしても、
たとえ、どれだけ、周りがうらやむような実績を残しても、
こうした「駆り立てる気持ち」があると、
本人は、「幸せ」を感じることができないのです。
 
本当の幸せは、DOING(何かをすること)の中にはありません。

大事なことは、いまここにあるBEING(幸せを感じている心)、
そのものにあるのです。
 
「○○をすれば、自分を認められる」ではなく、
「○○をしようがしまいが、自分は自分でOK」
と思える心のゆとりが、
ありのままの自分を受け入れるために必要なこと。
 
「○○すれば、愛する」
という「条件付きの愛」ではなく
「あるがままを愛する」という気持ちは、
 
周りの人たちに対してだけでなく、
「自分自身」に対しても、しっかりと与えてあげることが大事なのです。