Sep13

時間の多次元化とマンデラエフェクト

空間は、3次元(縦横奥行き)なのに、
なぜ時間は、1次元だったのでしょう?

この春からの大規模な次元シフトの中で、
見えてきた真実。

それは、どうやら、時間は直線的に
流れているものではなく、

少なくとも、2次元以上、
おそらく3次元ほどの広がりをもっているということです。

そして、なおかつそれを構成するものが、
砂時計の中の砂のように体積を持った粒子であり、
私たちの記憶とも非常に深く関係しているということです。

時間は記憶の中でしか存在していない。
ゆえに、直線的にしか把握できませんでした。
 
例えば、大規模なシフトの中で、
こうした従来の直線時間にとらわれない
時が持つ性質を正確に把握するために、
非常にサンプリングしやすい対象があります。

それは、一般的にマンデラエフェクトと呼ばれている
時空を超えた際に起こるつじつまの合わない現象。
私は、このマンデラエフェクトを、
この春以降、丁寧に追っていきました。
 
例えばこの写真を見てください。

Pyramids.jpg

これは、ギザのピラミッドですが、
少なからず(もしかしたらあなたも)
この写真に違和感を感じるかもしれません。
 
ギザのピラミッドが、
3基と、正面の小さなピラミッド3基が、
整然と並んでいます。
僕の記憶では、ギザのピラミッドは1基のみ
もしくは少し離れた場所に、3基存在するというイメージでした。
 
sssppp.jpg

スフィンクス像は、記憶と異なり、
足が伸びているように感じます。

多くの人に聞きながら、検証を進めていく中で、
これからお話しすることに
特に違和感を感じないという方も大勢いらっしゃるのも
理解しているので、いずれにせよ安心していただきたいです。
もちろん、違和感を感じても、安心してください。
こうしたことは、目新しいですが、
時間が多元化した今は、とても自然な現象なのです。

続けましょう。

この日本地図を見て、特に、北海道と九州の大きさを比べてみて
何か違和感を感じませんか。
IMG_1372.PNG

記憶に比べて、九州が小さく、北海道が大きく感じられる方が多いかもしれません。
これは地図の図法の問題化と思いきや、お手元の家にある地図で、
確認してもらうとわかりますが、実際に大きさが変わっているのがわかると思います。
もちろん、特に変化がわからないという方もいらっしゃるのも理解していますので、
ご安心を。

これは、インドの地形です。記憶と比べて、
東も西も、海岸側が大きくえぐれているように感じる方が多いかもしれません。
IMG_1124.PNG

スリランカとインドは、アダムスブリッジという突起した洲のような地形で、
ほぼ陸つなぎになっています。

また、インドの北東の耳のような形をした国境も
記憶にない方が多いかもしれません。
000011038.gif

IMG_08691.jpg

ヨーロッパの地形も、スペインとフランスが、きれいな90度の角度を描いており、
これも記憶と異なる方が多いかもしれません。

また、地中海のスペインとモロッコの間がほぼ閉じてしまい、
そこにジブラルタル海峡とよばれる海峡ができ、ジブラルタルそのものは
イギリスの領地となっているという歴史が存在しています。
これも、記憶と異なると感じる人も、いやいや、前からそうだったよと
いう方もいらっしゃるでしょう。いずれでも、とても自然なことなので、
安心してください。

IMG_1503.PNG

イタリアは、シチリア島が大きくなり、半島に近づいているように
感じる方が多いかもしれません。
また、コルシカ島とサルディーニャ島という2つの大きな島で、
ティレニア海という海ができているのにお気づきになるでしょうか。
IMG_1315.jpg

オーストラリアの位置も、以前と比べて、インドネシアととても近くなっている
ことに気づく方も多いでしょう。これは、実際に歴史も大きく変わっているようで、
今の地球のタイムラインにおいては、日本軍のパールハーバーの奇襲の直後に、
オーストラリアを97回も空爆しているという
史実を、不思議に感じる方も多いでしょう。

IMG_1107.jpg

逆に、オーストラリアのすぐ隣にあったはずのニュージーランドは、
遠く離れてしまいました。そして、現在のタイムラインでは、
ニュージーランドは、かつて一つの大きな大陸「ジ―ランディア大陸」が
沈んでできたものであるということになっているようです。

南アメリカもだいぶホッソリとして、チリに至っては
かなり海に沈んだようにすら感じます。南側はフィヨルド地形になっています。
IMG_2634.PNG

韓国と日本との地理的な距離が、記憶よりもだいぶ近くなっていると感じる方も
多いでしょう。また、韓国の南部が、リアス式海岸だったということも、
違和感を感じる方が多いかもしれません。

IMG_1357.PNG

視点を日本にまた戻して、四国を見ますと、
四国から九州に伸びる突起的地形に見覚えがないという方も
多いかもしれません。また、日本の近海を、
いつの間にか、世界的にはフィリピン海と呼んでいるということも、
最近の慣習になっているようです。

IMG_1126.PNG

今回は主に、地形の変化について紹介しましたが、
これらの変化というのは、研究を進めていくと、
時間というものがそもそも直線的なものではないということを
考えると、とても自然な現象で、

別のタイムラインに移動したことによって、
大陸の形成時という過去が変わったということを示しています。

こうした変化は、何も大陸だけでなく、
人体の構造や、街の中のオブジェ、企業のロゴ、人の生死(復活)などにも
反映されています。これはまた後ほどご紹介しましょう。

なぜ急に、直線的な時間軸と思っていたものが、
時間立体、もしくは砂時計のような時間粒子の集合体
と思われる概念上の変容を遂げたのかということも、
春からの約半年間の研究の中で、
かなりわかってきたので、こちらでご紹介していきましょう。

パラレルワールドというのは何も、映画「君の名は」だけでなく、
実際に私たちの世界の中に、普遍的に存在しているものであるということを、
今この地球上の多くの人たちが気づけるようになってきているようです。