Nov02

見えてきた新しい世界。マンデラエフェクトが起こる理由。

星導学の研究を深めながら、約10年。
2007年の出発以来から考えると、
本当に様々な経験を通じて、
目に見えない世界の法則を学んできました。

その中で、最近テーマにしている
「次元ワープ」「マンデラエフェクト」について。

半年前から、顕著に
人は常に、自分の意識の状態によって、
別のタイムラインに移動していることを、
意識することが増えていったのですが、
ようやくその背景にある仕組みが分かってきました。

この仕組みについては、本当に
既存の文献やデーターが少なくて、苦心しました。
が、その正体がようやく分かったのです。

それは、近代占星術やスピリチャリズム復興の礎にもなっている
ブラヴァツキー夫人や、アリスベイリー、クリシュナムルティ、
ルドルフシュタイナーなどで有名な、神秘学の体系である
神智学の中で言及されている
時空をつかさどるアカシックレコードや、コーザル体のさらに上にある
「ブッディ体」と呼ばれる意識体によって、
別のタイムラインに飛べるという仕組みです。

もともと、西洋占星術の仕組みは、
出生時の太陽系の配置によって象徴される
コーザル体の周波数を読み解くことで、
クライアントの魂の在り方を明らかにします。

そして、数多くの個人セッションを通じた実例研究の後に、
そもそも根本的な人生の問題の解決のためには、
占星術で星の配置をただ読み解くだけでなく、
潜在意識を書き換えるテクノロジーが必要だと気づきました。

その後、潜在意識のテクノロジーを書き換えるための技術を
星導学という形で体系化し、さらに研究を深めてきたのです。

そして、星導学によってこのコーザル体の周波数パターンを
書き換える確実な技術体系が完成しました。
もちろん、自分自身にもこの潜在意識のテクノロジーを活用して、
人生を変えていくということを実践してきました。

特に、過去世のカルマのパターンは、全て
このコーザル体に記録されているので、
そこに記録されている記憶を解放するというプロセスは、
非常に深いものがありました。

そして、自分でも意外だったのですが、
このコーザル体が様々な経験と段階を通じて、
浄化が進んでいくと、もはやコーザル体が脱げてしまい、

ブッディ体とよばれる周波数帯まで
自我が浸透し始めるということが分かってきたのです。

私が経験した不思議なタイムラインシフトは、
どうやらこのブッディ体にこそ、
重要な鍵があったようなのです。

ブッディ体については、非常に文献が少なく、
これは神智学の古典を開きながら、
実際の自分の体験を通じた研究をこの半年間丁寧に
積み上げてきました。
そして、ようやくこうして、
皆さんに伝える準備が整ってきました。