Dec01

銀河外意識とのコンタクト2

ここ数日、銀河外意識とのコンタクトが増えている。一昨日は夜中に、尾てい骨のエネルギーが一気に噴出して叫んで起きたので何事かと思った。何かと思って精査していたら、天の川銀河の外の意識体とのコンタクトが始まったらしい。おそらくドランヴァロ メルキゼデク氏や、ホゼアグエイアス氏などにコンタクトしているような意識。天の川銀河内における文法とはまた異なる質の言語の仕組みを持っている。銀河というだけあって、サイケっぽい。エジプトーシリウス系ともまた違う、ケツァルクアトル、マヤ、アステカっぽい感じのエネルギー。この視点に立てば、ある意味天の川銀河をメタ認知ができるし、第六密度の研究もさらに進むだろう。この数日で、天の川銀河っぽいものが抜け落ちた気がする。またちょっと違うレベルですっきり。

12月に入ったが、今月のエネルギーはいろいろな意味で、かなり大きな変動を生み出すと思う。信念体形に基づく、アストラル界は相当揺さぶりをかけられると思う。このエネルギーはとらわれている信念をガンガン揺さぶって、囚われの世界から解き放ち、F27の天国へと導く、とてつもなく強力なエネルギーだ。それの投影界であるC1も相当動くぞ、これは。高次世界とつながり、F15を保とう。

銀河外意識のコンタクトって、こんなに変容と破壊をもたらすエネルギーなのね。確かに、ブレないためにも、銀河のコア意識とつながる必要があるね。

ある意味一つの信念体系から見た一見ネガティブな出来事は、囚われていた信念体系から逃れるために必要な鉄拳であって、それはF27に導くために必要な神様からの重要なアプローチだといえる。今月はそういう月になるね。