Dec03

銀河次元のレンデュース、メルキオール

目下、この12月は、銀河次元のレンデュース、メルキオールの意識体の接近によって、ものすごい勢いで、地球の振動数が上がってきているので、C1にいると大変。
サナトクマラ(国常立尊)のエネルギーですらこの数年ものすごい揺さぶりがきているのに、その高次意識であるところのレンデュース(ヴァイアマス)や銀河ロゴスのメルキオールなどが直接コンタクトしてきているので、少なくとも自分の意識振動数をF15に保つ部分がないと、ものすごく大変。目の前のC1にとらわれている場合ではなく、瞑想が非常に重要。でないと、本当にアセンションプロセスからふるい落とされてしまう。レンデュースや、メルキオールは、銀河系のエネルギーなので、本当に強大なエネルギー。
ゆえに、今月はC1の世界においては、本当に社会的に様々な既存エネルギーでできた物的世界の崩壊が起きてくる。これは数年に一度しかないくらいの、本当に心して臨むべき特別な一か月になる。極化が進むので、自分の内なる真実としっかりとつながるべく、瞑想して、心の平安、内なる平和な世界をしっかりと創造する時間を持つことがとても大事。

今年の9月ごろから、アーリマンのC1への引きずり込みの力(およびそれに対抗するキリストの力)がすごかったけど、これはこの12月の銀河意識(メルキオール、レンデュース)の接近と大きく関係してたわけか。時系列的に納得がいく。次元が上がる前に、最後の引き込みということか。