Dec18

アストラル界へのグラウンディング

グラウンディングとは第三密度においてはC1にするものだが、第四密度においてはF15(マインドフルネス)、アストラル界にするものであり、第五密度においてはF27、メンタル界、デヴァチャンにするもの。つまりもはやC1へのグラウンディングは、今回の地球の次元シフトで完全に過去のものになりつつある。大事なことは、マインドフルネスをしっかりと築いていくこと。主の愛(キリストの愛、弥勒の愛)のもと、悟りの地球がやってきている。
むろんリトリーバルのために下生する必要があればC1にもいくが、あくまでもはやC1はホームではないし、F27やF15にグラウンディングしながらC1にバイロケーションするという形をとる。