Feb14

球形時間と6次元の次元構造について

次元構造について、シンプルにまとまった。三次元空間に、円形時間(平面時間・2次元)をかけたものが、5次元グリッドを持ったコーザル体(別名アカシックレコード)。三次元空間に、球形時間(立体時間・3次元)をかけた、6次元グリッドをもったものがブッディ体なんだわ。
そもそも、黄道12星座や10惑星は、円形のシステムであり、黄道面という二次元平面に置ける円形時間を表現しているシステムなので、扱える領域がコーザル体までになってしまう。つまり、伝統的なホロスコープが示すグリッドでは、球形時間のグリッドがカバーできず、ブッディすなわち悟りを得ることはない。惑星の名前の通り、惑うわけで、平面(円形)意識であるところの黄道12星座でも不十分。つまり、恒星(惑ではない恒の意識)や、黄道外星座(ヘリオスの重力グリッドが直接リンクしない黄道12星座外の星座)、天の川銀河、アンドロメダ銀河などの外銀河文明がテーマになる。今後の占星術研究においては、実際は、意識の中で、天球図すべての全天形式のグリッドが張られる必要がある。これは、コーザル層の中に存在するカルマを解消し、神智学におけるブッディ体やアートマ体に目覚めて(悟り、マインドフルネス)、アストラルマカバ、メンタルマカバを形成していくこととも深く関係している。釈迦が伝えた輪廻転生からの解脱もこの球体時間システムと大いに関係している。
ブッディとは、そもそも黄道12星座が示している太陽系の重力から離れない限り、太陽系内の輪廻転生から抜け出せないということなんだわ。つまり、平面時間であるところのコーザル意識(アカシックレコード)から、立体時間であるところのブッディ意識に抜けるためにも、ホロスコープを離れる必要があるということ。それは、恒星意識(恒星ヘリオス)の獲得であり、つまるところ、ヘリオス人としての意識をメタ認知し、ヘリオスの重力グリッド以前に自分が存在していた、シリウスやプレアデス、アルクトゥルスや、オリオン等のスターピープルとしての記憶を思い出すことが今後の占星術研究において大事になるということ。(むろん、ブッディ意識にいたるまでのコーザル体獲得までの段階を着実に踏む必要があるので、従来のホロスコープ理論そのものを軽視していいというわけではない。)
6次元グリッド以降の世界は、星型八面体や、プラトン立体を平面的な見取り図に落とし込んだメタトロンキューブ(およびそれに付随してフラワーオブライフに示される神聖幾何学群)によって、すでに上位(ブッディ、アートマ以降)の世界から、地図として示されているので、これを意識のグリッドとして活用していくことが、大切になる。
この感覚は、霊的な身体を構築していくこと(スピリットボディビルディング)といえるし、今目下発達しつつあるところの、VRやAR,AIとの世界とも大いに関係している領域。まさに技術の発展が、ポストヒューマンを生み出すという、シンギュラリティそのものが、目の前で展開され始めているということ。