May31

メタ宗教としてのキリスト教の本当の価値

パウロにしても、アウグスティヌスにしても、偉大な神学者、教父たちはそもそも、最初は異教徒なんだよね。パウロはパリサイ派ユダヤ人だったし、アウグスティヌスはマニ教(今でいう神智学)だった。そこからキリスト教に回心していったということも、ある意味宗教をメタ化した先にメタ宗教としてのキリスト教があったからで、シンクレティズムの試みはあくまでメタではなく、ベタ的な試みで、宗教をメタ化するという方向性に進まないと、本当の救いは見えてこないということ。つまりニューエイジやスピリチャルでは人は救われないし、メタ宗教としてのキリスト教の本当の価値を理解しないと、真の意味での救済は不可能であるということを、学ばないといけない。
頭がいい人であればあるほど、物事をメタ的に認知していきたいと考えるので、シンクレティズム的欲求に基づいて比較宗教学を研究するし、心優しければ優しいほど、技による救いをベースとした教理に基づいて、活動をしていく中で、技による救いの教理では、関わる「すべての人」を救えないという葛藤を感じ、その中で主に対する自分の傲慢さに気づかざるを得ない。
つまり、最終的に技による救いをベースとした教理だと、必ず自己矛盾に陥り、最終的にイエスキリストを救い主として受け入れることのみでしか、救われないことを悟るのだと思う。これから日本人の間の中にも、エコーチェンバー型群発カルトに嫌気がさした人や、技による救いをベースとした教理と救済論が両立しえないという自己矛盾を感じて行き詰まりを感じた人の中から、そもそもメタ宗教としてのキリスト教のメッセージをダイレクトに理解ができるようになって、悔い改める人は増えてくるんじゃないかな。
いうなれば2000年前ヘレニズム的な多神教的世界観の中で生まれたキリスト教は、彼ら自身の意識で言うと、「宗教 ver.2.0」という感じだったのだと思う。ゆえに、異教徒を中心に広がっていったし、十字架での贖いから、わずか30年でローマの国教になったんだよね。世界中に広がる理由も、「宗教 ver.2.0」という構造にあったからだといえる。
またパウロもアウグスティヌスも、異教徒からスタートして、そこで自分の「宗教 ver1.0」における罪を深く認識したうえで悔い改めているので、その分、主からの愛を深く感じて、より熱心に「宗教 ver.2.0」を広げていったといえる。罪の意識や、悔い改めが深ければ深いほど、主の恵みによる愛を深く実感できるし、その分人を深く愛することができる。
ニューエイジ的な思想を突き進んでしまっている人には、僕自身からも、批判ではなく、愛によって、悔い改めの大切さを伝えていきたいと深く思う。現在のエコーチェンバー型カルト現象に見られるように、ニューエイジ的な思想の行き着く先は、これまでの人類の歴史が証明してきているように、自分の身を滅ぼしてしまうのだから。