Jun07

クリスチャンとして信仰告白することとは

クリスチャンとして信仰告白するということは、セラピスト/クライアントというフレームから脱して、兄弟姉妹というフレームに変わること。そして、万人司祭であるところの牧師の役割とは、全身全霊で主や周りの人たちの僕(しもべ)として仕えること。つまり主は、牧師という存在を、その御手で、もっとも低く、謙遜なものにしてくださる。なんとありがたいことか。サービスを売り買いするだけの、一時的、限定的な関係ではないということ。人生をかけて、人に仕える。この覚悟こそ、僕自身が求めていた「人助け」の基準だ。どこまでも低く、低く、生きたいと思う。主こそ我が誉れ。アーメン。