Jun08

日本の霊性と、クリスチャニティにおける「聖霊論」

たぶん日本のクリスチャニティは、おそらく「聖霊論」から入った方がいいと思う。日本人の霊性文化は、非常に高い基準の厳格な「技による救い」によって、とても「見えないものを見る」感性が強い文化だ。いわゆる空気が読めるというのは、霊的な直観が背景にあるということに他ならない。日本人の独特の空気を読む感性は、ただの同調圧力によるものだけというわけではないと思う。明らかに背景に日本人的な霊性文化がある。これは、ある意味ニューエイジ的文脈の受容にも大きな影響を与えている。

キリスト教教理をしっかりと取り入れるのならば、ペンテコステの日からクリスチャン信徒たちに下った「聖霊」の側面から入ると、とても分かりやすいと思う。
いわゆるこの聖霊とは、ニューエイジ的な文脈で言うと、チャネリング(異言や預言)であり、ヒーリング(病の癒し、プラーナ、気)であるわけだ。何も高いお金を払ったり、たくさんの時間をかけて、アチューメントをしたり、ヒーリングの勉強なんかしなくても、ただただイエスが私たちの罪のために死なれて、墓に葬られ、3日後に復活し、今もなお生きておられるという福音を信じれば、ダイレクトに、聖霊を通じて、創造主やイエスキリストと繋がれるわけだ。これを「霊によるバプテスマ」という。
洗礼者ヨハネが授けた「水によるバプテスマ」はあくまで罪を悔い改めるためのものだが、イエスキリストが十字架での死と3日後の復活という形で成就させたのが「霊によるバプテスマ」だ。
創造主とダイレクトに繋がれるわけで、天使や龍などの中間的な霊を使役する必要も一切ない。というよりもむしろサタンや悪霊は、こうした一見よい霊に見える天使や龍の姿をして近づき、人を欺くことに非常に長けている。
また、驚くべきことに、一度内住した聖霊は最後の審判の日まで、自分の内側に宿り続ける。キリスト教の救いは、永久保証なのだ。
さらに、父と子と聖霊の三位一体の神という神学によって、サタンが入る隙間が一ミリもない。
しかも聖霊を通じて受け取ったメッセージは、ちゃんとそののち、神の言葉である聖書を通じて、正しいかどうかもしっかりと吟味できる。聖書的知識がしっかりあれば、こうしたチェックもさらに厳密なものになる。こうしたところからも、キリスト教の救いの教理の完成度は異常に高いことがわかる。なんと素晴らしい教理なのだろうか。

こうした背景から僕も安心して、ニューエイジ的な文脈を完全に卒業ができた。
福音、そして、キリスト教神学を学ぶことは、ニューエイジャー(これはキリスト教的に言えば「迷える子羊」といっても過言ではない)にとっても、救いでしかないのだ。

「イエスは苦難を受けた後、御自分が生きていることを、数多くの証拠をもって使徒たちに示し、四十日にわたって彼らに現れ、神の国について話された。 そして、彼らと食事を共にしていたとき、こう命じられた。「エルサレムを離れず、前にわたしから聞いた、父の約束されたものを待ちなさい。 ヨハネは水で洗礼を授けたが、あなたがたは間もなく聖霊による洗礼を授けられるからである。」」
使徒言行録 1:3-5 新共同訳

「五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、 突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。 そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。 すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。 さて、エルサレムには天下のあらゆる国から帰って来た、信心深いユダヤ人が住んでいたが、 この物音に大勢の人が集まって来た。そして、だれもかれも、自分の故郷の言葉が話されているのを聞いて、あっけにとられてしまった。 人々は驚き怪しんで言った。「話をしているこの人たちは、皆ガリラヤの人ではないか。 どうしてわたしたちは、めいめいが生まれた故郷の言葉を聞くのだろうか。 わたしたちの中には、パルティア、メディア、エラムからの者がおり、また、メソポタミア、ユダヤ、カパドキア、ポントス、アジア、 フリギア、パンフィリア、エジプト、キレネに接するリビア地方などに住む者もいる。また、ローマから来て滞在中の者、 ユダヤ人もいれば、ユダヤ教への改宗者もおり、クレタ、アラビアから来た者もいるのに、彼らがわたしたちの言葉で神の偉大な業を語っているのを聞こうとは。」 人々は皆驚き、とまどい、「いったい、これはどういうことなのか」と互いに言った。 しかし、「あの人たちは、新しいぶどう酒に酔っているのだ」と言って、あざける者もいた。」
使徒言行録 2:1-13 新共同訳