Jun28

クリスチャニティと時代を動かす熱

やはり内村鑑三や新島襄といった日本における初代キリスト教の礎を築いた人々がいた時代は、時代を動かす熱があったんだと思う。ソニーの創業者の井深大や、パイオニア創業者の 松本望、森永製菓創業者の森永太一郎、ライオン創業者の小林富次郎など、日本の根幹産業を作った経営者たちもこの時代に主の召命を受けて、イエスキリストを救い主として受け入れている。エネルギーの中心には必ず主がいる。これからの混迷する時代において、こういう核を作っていくことが大事なんだと思う。

https://note.mu/joel316/n/n96f16c0661b6