Jun29

マンデラエフェクトと聖書

マンデラエフェクトって、ダイレクトにそのまま話してもほとんど意味がなくて、たとえ伝わったとしても、まるで夢の中の記憶のようにスッと忘れられてしまったり、話が噛み合わなかったりする。結局この不思議な経験やそれに伴う悟りの感覚をどのように伝えていくのかということを2年半以上試行錯誤した結果、最終的に聖書しかそれをちゃんと説明できる方法がないことがよくわかった。仏教や神道、神智学はそもそも修行をベースにした教理なので、直線時間の終焉や、マンデラエフェクトの話まで行き着かない。これは散々試みて、結局福音しかないということに落ち着いた。人間が途方もない努力の末探求して発見したものか、創造主の一方的な恵みと赦しの愛によって啓示されたものかで、やはり教理の性質は大きく違う。この辺りの素晴らしさに気づいてほしいなと思う。