Jul07

経済的に成功すれば一人前?

経済的に成功してようやく一人前で、そこからやっと社会貢献ができるようになるという考え方は、すでにもうわりと古い考え方になっているんだと思う。経済的成功を基準としたアントレプレナーシップも、そういう意味でだんだん下火になってきているのだと思う。むしろ若い人の層では、社会的貢献のためのアントレプレナーシップというところがトレンドなんだと思う。もしくはそもそも好きなことがある程度できていれば、起業する必要性もないともいえる。まぁ実際今は就職内定率も高いし、人手不足の売り手市場だから、リスクをとって起業するメリットは実際あまりないからね。まぁそういう意味で、トレンドというのはあるよなと思う。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000158856.html?fbclid=IwAR1RuCepQyZQqdsz7h5nauBr-F-5S49RrgtL7TfjWBAXM7gGrqEoxRISmR8

また、特に最近の若い層は、堅実なので、経済的なものについて変な夢を見ていないし、欲もない。わりと僕の世代(35歳)が一回り上の世代(今の50代)がスーパーカーに強い憧れを持っているのをいまいち理解しがたいのと似ていると思う。僕らの世代が、例えばハイファッションにお金をかけることがステータスだったことが、若い世代(10代20代)から見るとだんだん理解不能、そこまで背伸びする必要がある?と感じるのと同じような感じ。昔みたいに身の丈に合わないような高いバッグも買わないみたいだし、そこまでそういった持ち物がステータスシンボルにもならなくなっているみたいだしね。そういう背伸びも必要がなくなっている。むしろ割と現実的に地に足をつけているんだと思う。
いまはわりと現実的に考えた時に、地位財によっては幸せにならないことは結構すでに理解していて、人生の中で、非地位財を求めていくことが主流になっていく時代がきているのだと思う。
そういう意味でクリスチャニティ の精神に基づいて社会や隣人に献身しあえる兄弟姉妹が集まるエクレシアの形成は非常に重要だなと思う。
まぁそもそも無償の愛に生きれば、いつだって社会貢献はできるしね。街の教会もおにぎり握ってホームレスの皆さんに配っている。アイデア次第でほとんどお金をかけなくても無償の愛はいくらでも伝えられるからね。しかもそうやって生きてたら、結局そのうち経済的にも豊かにもなっていくのは当然の話。与えたものが、受け取るものだからね。