Jul11

ティリッヒの教会弁証学

そうか。ニューエイジ批判の抽象度を高めていくと、弁証学になるわけだな。そうすると、個別の批判にならず、むしろティリッヒがいうような「思惟への奉仕」になるわけだな。なるほど。

「弁証学は回心させようとはしない、ということが決定的な限界である」 (ibid., S.48)。つまり、弁証学は信仰の行為そのものを生み出すことはできず(vgl., ibid., S.50)、 ただ知の営みに専念するだけである。しかも、感情や意志への直接的な訴え掛けは福音伝道 (Evangelisation)の仕事であり、弁証学がそれを行うならば、越権行為であると看做される。」
https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/57628/1/kondo8.pdf

弁証学について学び、弁証論の抽象度を引き上げていくことが大事だな。。。